アメリカ株の急落は世界不況の前触れか

ニューズウィーク日本版 / 2014年10月16日 13時34分

 15日も米株式市場は大荒れとなり、ダウ工業株30種平均が急落。FRB(米連邦準備銀行)が個人消費は「わずか、ないしは緩やかな」ペースで伸びており、米経済は着実に成長を続けていると発表したが、市場の不安を払拭するには至らなかった。

 世界経済の減速懸念が広がったことから、ダウ平均は一時前日比450ドル以上下落した。FRBが全米12の地区連銀がまとめた詳細な経済報告「ベージュブック」を発表したのはその後だ。

 市場の不安を測る最も正確な指数とされるボラティリティー指数(VIX)、別名「恐怖指数」は、取引開始直後は26弱だったが、その後30に跳ね上がった。ちなみに、今夏VIXは10〜15で推移していた。

「今日の市場の動きは、これから起きることの前触れだろう」と、DMEセキュリティーズのトレーディング担当副社長アラン・バルデスは取引終了後に語った。

 FRBの発表を受けてダウの下げ幅は縮小したが、終値は173・45ドル(1.06%)安の1万6141ドル74セントで5日続落。スタンダード&プアーズ(S&P)500社株価指数は15.21ポイント(0.81%)下げて1862.49、ナスダック(米店頭市場)総合指数は11.85(0.28%)下落し4215.31に落ち着いた。

 世界経済の冷え込みに対する不安以外にも、投資家を弱気にさせている要因がもう1つある。FRBが5年間続けてきた量的緩和(QE)の段階的縮小を進めており、早ければ来春にも利上げを始める可能性もあると言っていたことだ。

「多くの専門家が今が底値で買いどきだと言っているが、私はそうは思わない」と、バルデスは言う。「市場の混乱が収まるまで買いを控えるほうが無難だろう」

ジェシカ・メントン

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング