黒人少年を射殺した白人警官の言い分

ニューズウィーク日本版 / 2014年11月26日 15時12分

 黒人少年マイケル・ブラウン(18)を射殺した白人警官ダレン・ウィルソン(28)の不起訴が決まった今週月曜の夜、ミズーリ州ファーガソンの街は抗議デモに参加する市民と警官や州兵の衝突で焼け野原になった。

 だが双方ともこれで終わるつもりはない。同州知事のジェイ・ニクソンは再度の衝突に備え、追加で1500人の州兵の出動を要請。「昨夜のような無法状態は決して繰り返さない」と、火曜の記者会見で語った。「もっと徹底して抑え込む」

 人々の怒りの的になっているウィルソンは、なぜ丸腰のブラウンを射殺したのか。捜査対象者を起訴するかどうかを判断する大陪審を構成する12人の市民はなぜ、ウィルソンを不起訴にしたのか。ウィルソンが9月に大陪審に語った88ページにおよぶ証言から、その言い分を取り出してみよう。

 まずウィルソンは、今年8月の事件当時の様子を「ハルク・ホーガンと対決する5歳の子どものようだった」と語っていた。

 証言によれば、道路の中央にいたブラウンに脇に寄れと命じたウィルソンに対し、ブラウンが「オマエの言うことなんかクソ食らえだ」と応じたことから事態は悪化していったという。

 ブラウンはパトカーに近づき、さらに命令し続けるウィルソンを殴り始めた。

「もう一発顔面にパンチを食らったら、やられるんじゃないかと本気で思った。(ブラウンは)自分よりも明らかに大きかったし、強かった」。

「顔に2発(パンチを)受けていたので、3発目をまともに受けたら致命的かもしれなかった。最低でも気を失って、その後はどうなるかわからなかった」

 ウィルソンはまた、殴られたり引っかかれてできた首の傷跡が病院で撮影された写真に写っていたと主張した。「見えにくかったが、そこに写っていた」

 この後2人は取っ組み合いになり、ブラウンは「オマエみたいな弱い奴にオレは撃てない」と言ったという。

 ウィルソンは銃を取って2回撃とうとしたが、いずれも阻止された。



「(ブラウンは)自分を見上げ、おそろしく攻撃的な顔をした。本当に悪魔のようだったとしか言いようがない。そんな怒り方だった」

 ウィルソンはブラウンに「地面に伏せる」よう命じたが、ブラウンは体を向けて「大きなうめき声をあげた」。そしてウィルソンのシャツに手を伸ばした。

 この時ウィルソンは、「護身のために」6発の銃弾をブラウンに浴びせた。ブラウンは武器を持っていなかった。

 大陪審の決定の理由は明らかにされない。警察側は「身長190センチ以上あるブラウンが迫ってきたので、命の危険を感じた」と主張しているが、ブラウンは「降伏しようとして両手を上げていた」という目撃証言もある。

ジャック・ムーア

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング