個人情報が筒抜け「ウーバー」の落とし穴

ニューズウィーク日本版 / 2014年11月27日 18時3分

 創業から5年で50カ国に進出し、時価総額も約200億ドルに達した米配車サービス会社「Uber(ウーバー)」。アプリ1つで手軽にタクシーを呼べるサービスで、他社のタクシー運転手が抗議デモを起こすほどの人気だが、経営幹部の放言や個人情報の乱用などが相次ぎ、顧客の信頼も怪しくなっている。

 発端になったのは、役員の1人がウーバーに批判的な女性ジャーナリストに対し、私生活を暴いて報復すると発言したことだった。ニューヨーク支社の社員が実際に、彼女の利用歴を調べるためウーバーに登録された個人情報を照会したことも発覚。ユーザーの個人情報に社員がいとも簡単にアクセスできる状態だったのだ。

 批判を受け、ウーバーは個人情報保護方針をこう変更した。「ウーバーはすべての社員に、営業上の合法的な目的がある場合を除き、乗客およびドライバーの個人情報に触れることを禁じる」

 一見するとうまい作文だが、1つ肝心な点が抜け落ちている。ウーバー利用者とドライバーがやりとりする専用電話番号の問題だ。

 ウーバーでは、乗客とドライバーのやりとりに「ダミー番号」が利用されている。例えば、ダミー番号が867?5309だとしよう。乗客がウーバーアプリで配車を要請すると、ドライバーの携帯電話には867?5309という番号が出る。次にドライバーが利用者へ連絡すると、乗客の電話の画面にも867?5309と表示される。まるで自分自身に電話しているかのようだが、本当の電話番号は交換されない。乗客が車内に忘れ物をしたときも、ドライバーにダミー番号で連絡できる。

「ダミー番号は別の客からの利用申請を受理するか、降車から約30分経過するまで有効だ」と、ウーバーの広報担当者は言う。

配車システムに欠陥あり

 しかし、このシステムには欠陥がある。癌を患うアレクサンドラ・クレイグリーが、病院にスカーフを忘れたことに気付き、ウーバーの配車をキャンセルしたときのこと。ドライバーはキャンセルに怒り(予約のわずか1分後だったのに)、「おまえには天罰が下る」という内容のSMSを送ってきたという。

 新規客もなく、クレイグリーの予約から30分もたっていなかったため、ドライバーはダミー番号からSMSを送信できた。



 また、ニューヨークではタクシー・リムジン協会(TLC)に提出する乗車記録に乗客のフルネームが必要なため、ウーバーのドライバーはアプリ上で乗客の氏名を確認できる。TLCが規則を変えない限り、ウーバーは乗客を匿名化できない。

 あるドライバーによれば、ドライバー側が送迎をキャンセルするときでさえ、乗客の氏名や現在地、ダミーの番号を確認できるという。実際に送迎しなくても乗客の自宅を突き止めることだって可能だ。

 ドライバーから乗客に連絡できるのは降車後30分間だけだが、乗客からはそれこそ半永久的にドライバーへ電話できる。車内での忘れ物対応のためだ。

 忘れ物を素早く届けられるのはいいが、すべてのドライバーがこのシステムを支持しているわけではない。降車後に乗客から料金が高過ぎるとクレームを受けたドライバーもいる。ウーバーでは乗客がドライバーを評価するため、嫌な客も下手にあしらえない。評価が下がれば契約を解除されかねないからだ。

 社員の再教育に配車システムの改善──絶好調だからこそたたかれやすいのかもしれないが、穴はまだ小さいうちに塞いだほうがいい。

[2014.12. 2号掲載]
ポリー・モセンズ

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング