ウクライナ紛争の勝者はどこに?(後編)

ニューズウィーク日本版 / 2014年12月24日 12時31分

 「ウクライナ紛争の勝者はどこに?(後編)」より続きます。

 公共の場所はスプレーペイントの落書きだらけだ。愛国的なカップル名の落書きもある。「レナ+パシャ=ロシア!」。カフカスからの志願兵(事実上の傭兵)も、誇らしげな落書きを残していた。「チェチェンはドネツクの味方」だと。

「宣伝と扇動の専門家」として親ロシア派勢力に参加しているセルゲイ・フェドレンコは、以前は大学で歴史を学んでいた青年だ。たばこを吸うならトイレに行け、と彼は私たちに命じた。

 窓は破れ、室内は荒らされた状態だが、清く正しい生き方を貫く反乱のリーダーたちは、たばこを毛嫌いしているらしい。

 この戦争は何のためか、と私は彼に尋ねた。

「戦争は望んでいないが、ほかに方法はない。キエフの親欧米派が旗を振りながら独立広場を跳ね回っていたとき、私たちはドネツクで働いていた。当時は自分をウクライナ人だと思っていた。だがキエフの連中が武装してやって来たので、身を守ることにした。私たちが求めているのは自治の権利だ。ここは私たちにとっての『マイダン』だ。あいつらと違って、私たちはキエフまで攻め込んだりしない」

 州庁舎のロビーに戻ると請願者の姿は消え、反乱軍のお偉方たちが集まっていた。指導者たちとそのボディーガードは、完璧な外見を装うために鏡の前で長い時間を費やしたに違いない。革の指なし手袋やアメリカ製の膝パッドなど、みんな流行のアイテムで決めていた。

 日が暮れ、午後11時の外出禁止時刻が近づくと、街路からは人影が消える。建物の窓で明かりが見えるのは、せいぜい3分の1にすぎない。

 私はキューバをテーマにした地下のバー「ハバナ・バナナ」に行った。インテリアはスラブ風ハワイアンだ。ドネツクで最も有名な作家フョードル・ベレジンが、武装した護衛と共に到着した。ベレジンは未来の軍隊が登場するSF小説を22冊も書いている。テーマはよみがえったソビエト連邦と退廃的なアメリカの壮大な戦いだ。



 ベレジンは今年の4月、ドネツク人民共和国の副国防相に就任している。白い口ひげを生やした50代半ばの男で、フライドチキンのカーネル・サンダースと『地獄の黙示録』のカーツ大佐を足して二で割ったような感じだ。

「戦争が始まったとき、君がなりたいのは司令官かクリエーターかと聞かれてね」と、彼は語りだした。「ロシアに逃げることもできた。だが逃げるよりここに残り、戦い、紙の上だけではなく、この世界で新しい現実をつくり出そうと決めた」

ニューズウィーク日本版

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング