欧州難民危機で、スロバキアがイスラム難民の受け入れを拒否

ニューズウィーク日本版 / 2015年8月21日 18時0分

 スロバキアが受け入れるのはキリスト教徒の難民だけで、イスラム教徒は受け入れない──スロバキア内務省広報官はウォールストリート・ジャーナル(WSJ)にこう語った。「スロバキアにはモスクが足りないので、イスラム教徒の難民は落ち着かないだろう」というのが、その理由だ。

 スロバキアは現在、トルコ、イタリア、ギリシャの難民キャンプで暮らす難民や移住希望者のうち200人を受け入れることになっている。これは欧州の「玄関口」として難民が集中しているイタリアとギリシャの負担を軽減するためにEU(欧州連合)が加盟各国に割り当てた数。最終的には、EU全体で4万人の受け入れを目指す。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、今年7月の1カ月間にシリア内戦から逃れてきた難民など5万242人がギリシャに押し寄せていると発表した。これは昨年1年間にギリシャに来た難民の総数4万3500人よりも多い。

 スロバキア内務省の広報官イバン・メティクはBBCの取材に対して、「その気になればイスラム教徒を800人受け入れることだってできるが、モスクもない土地には適応できないだろう」と語った。「難民が押し寄せるヨーロッパを助けたいのは山々だが、スロバキアは難民の通過点でしかない。ここでの生活は望まないだろう」

 さらにメティクはWSJに対し、「スロバキアにはモスクがない。だからキリスト教徒だけを受け入れたい」と、語った。

結局は自発的な取り組み頼り

 この一連の発言は、他のヨーロッパ諸国の怒りを買った。今年の難民流入数が最大80万人にも上るとみられるドイツの外交問題評議会のノルベルト・レットゲン議長は、スロバキアの態度は「ヨーロッパの機能不全」を加速させ、EUの対応をぶち壊しにしている、と非難した。

 スロバキア政府は「難民の到着時に宗教について尋ねる予定だ」と表明したが、UNHCRは、各国政府に対して、難民受け入れの際に「差別的でないアプローチ」を取るよう求めている。

 EUの行政府にあたる欧州委員会の広報官アニカ・ブライトハードはこう語った。「EU加盟国は、基本的人権を定めた欧州憲法と、難民を保護する共通ルールを尊重し、遵守する義務がある」

 EU各国に一定数の受け入れ枠を設定した今回の対策は、今年4月にリビア経由でイタリアに入国しようとした難民を乗せた船が地中海で転覆し、約700人が死亡した事件をきっかけに策定された。

 しかし、割り当てに明確に反対する国が出てきたため、事実上、自発的な取り組みになってしまった、スウェーデン、オーストリアは割り当てに賛成しているが、フランスやスペイン、その他の中欧、東欧諸国は強硬に受け入れを拒んでいる。イギリスとデンマークはEU共通の難民政策自体から距離を置いているため、今回は1人も受け入れないと拒否している。

 スロバキアのメティクは、自分の発言は宗教差別ではなく、スロバキア社会の結束を維持する意図だったと弁明している。


フェリシティ・ケーポン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング