日本のインターネットの「屈折」を読み解くキーワード

ニューズウィーク日本版 / 2015年9月4日 17時26分

『アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか』(濱野智史著、ちくま文庫)は、2008年にエヌティティ出版から刊行された書籍を文庫化したもの。よくある情報社会論的なアプローチとは一線を画しているため、インターネットが普及したここ10数年のプロセスを振り返るにあたっては大きな役割を果たすだろう。


 本書の主題は、主に二〇〇〇年以降、インターネットという情報環境上に登場した、グーグル、ブログ、2ちゃんねる、ミクシィ、ウィニー、ニコニコ動画といったさまざまなウェブサービスを分断するというものです。(8ページより)



 もとになっているのは、著者が大学在籍中に行ったブログの普及過程に関する修士論文だという。ブログの研究をしていたのは学部3年生だった2002年から大学院を終了した2005年にかけてだというので、すでに10数年の時間が経過していることになる。

 事実、いまとなっては「過去のもの」というイメージが強いウェブサービスもいくつかあるし、執筆当時の著者の予想も、いくつかは外れている。しかしそれはたいした問題ではなく、サービスが誕生した時期にリアルタイムに行われた予想がそのままのかたちで記録されているということにこそ、当時の感触をリアルに伝える媒体としての存在価値があるはずだ。

 最大の特徴は、インターネット上に存在するサービスやツールのことを「メディア」としてではなく、「アーキテクチャ」(建築、構造)として捉えている点。情報技術(IT)によって設計されたネット上のウェブサービスもまた、人間の行動を制御する「アーキテクチャ」とみなすことができるから、というのがその理由だ。

 そこに物理的な実体はないけれども、複数の人々がなんらかの行動や相互行為をとれる「場」と捉えることができるという考え方である。現実的にいまは「場」を「社会」と置き換えられる状況になっているわけだから、この解釈は意義を感じさせる。

 さて、そのようなコンセプトに基づき、本書では時系列的に話が進められていく。ウェブの歴史からスタートし、その後、第二章で取り上げられるのは、2000年代前半に普及した「グーグル」や「ブログ」などのソーシャルウェアだ。このパートでは特に、ブログに対する肯定論と否定論を並列させていく構成が非常に公正で、また(専門的な知識を持たない私のような人間には難解な部分もあったとはいえ)説得力を持っていると感じた。

 しかし、2000年以降に日本独自のアーキテクチャが生まれていったことに着目しているという意味においては、より本質的な部分は「2ちゃんねる」に言及した第三章、日本最大のSNSとして発展した「ミクシィ」とアメリカの「フェイスブック」を比較した第四章、そして「ニコニコ動画」を扱う第六章、そして「ボーカロイド・初音ミク」とケータイ小説『恋空』にまで踏み込んだ第七章だといえる。

 興味深く感じたのは、日本のソーシャルウェアの「普及」に対する著者の考え方だ。たとえば、なんらかの強力なウェブ・アプリケーションが開発されたとしても、それが広範な層に普及することはないだろうとしているのである。

 理由は明快で、ブログにしてもSNSにしても、外見のレベルでは米国でも日本でも同じアーキテクチャが使われているとはいえ、ユーザーサイドの欲望やコミュニケーションスタイルが異なるからこそ、日本においてはソーシャルウェアの「異文化屈折」が起こるのだという。


 おそらくここに観察される「屈折」現象が、日本のネットワーク・コミュニケーションをめぐる状況を何度も反復している以上、おそらく日本のソーシャルグラフをめぐる状況は、少なくとも米国とはかなり異なる形態で発展することは間違いありません。(165ページより)



 たとえば「ミクシィもオープン化されて米国の状況に近づいていく」というような単純な展開は、ありえないだろうということだ。しかしそれは、決して悲観的な意味ではなく、むしろここから先に本書の核心部分がある。

 つまり、将来的に日本のアーキテクチャに変化がもたらされるのであれば、そのコミュニケーション文化に最適化されたアプリケーションの開発(著者はこれを「アーキテクチャと文化のすり合わせ」と表現している)が必要になってくるわけで、そこが重要だということだ。


 これまで私たちは、インターネットや情報社会の理想のあるべき姿を、米国の実態を通じて、「ただ一つ」のものとして学んできました。(中略)それゆえに、少なくともインターネットに理想を見出す人であればあるほど、なぜ米国におけるネット現象が日本のウェブ上に起きないのか、その落差に少なからず苛立ちや無力感を感じてしまいがちだったわけです。(342ページより)



 ところが実際には、米国とは異なるかたちで、技術(アーキテクチャ)と社会(集合行動)が密接に連動し、変容している。だとすれば私たちは今後、アーキテクチャと社会の諸システムとの「共進化」を目にすることができるであろうということだ。インターネットを軸としたアーキテクチャと私たちの今後のあり方を考えるうえでも、いまこそぜひ目を通しておきたい。

<*下の書影画像をクリックするとAmazonのサイトに繋がります>


『アーキテクチャの生態系
――情報環境はいかに設計されてきたか』
 濱野智史 著
 ちくま文庫

印南敦史(書評家、ライター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング