リンクトインがスパム訴訟で和解金支払いへ

ニューズウィーク日本版 / 2015年10月6日 16時44分

 ビジネスに特化した世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サイト、リンクトインの弁護団は、会社にとって不名誉な通知メールを発送するのにいちばん目立たない日時を選んだ。誰もが遊びに出かけてしまう金曜の夕方だ。数百万人のユーザーに送ったメールの件名は「集団訴訟の和解について」だった。

 このメールを削除してしまった人、あるいは削除したような気がする人は、ゴミ箱から救い出したほうがいい。リンクトインから賠償金を受け取る資格があるかもしれない。

 上昇志向のエリートビジネスパーソンを対象としたリンクトインは、ユーザーに大量のスパム(迷惑メール)を送りつけたとして集団訴訟を起こされていた。カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置くリンクトインは、ポール・パーキンスらを原告として2013年9月17日に申し立てられた集団訴訟において総額1300万ドルの和解金および325万ドルの裁判費用の支払いに同意した。

 リンクトインはユーザー向けの通知メールが多い。「あなたのネットワーク上の○○が昇進しました」「転職しました」「○○があなたの能力を保証しました」......。なかでも悪名が高く、リンクトインを法的窮地に追い込んだのは、リンクトイン上の知り合いが誰かを自分のネットワークに追加するたびに送信されてくる、「ハイ、私のプロフェッショナル・ネットワークに加わりませんか」というつながり申請だ。

 リンクトインはまた、ユーザー承認のうえで、メールアカウントから「コンタクト先」(連絡先)をインポートし、そのうち少数の連絡先にリンクトインへの招待メールを送れるようにしていた。招待を断られても、フォローアップのために2通のリマインダーメールを連絡先に送るシステムだった。

 このリマインダーメールが、リンクトインが越えてしまった最後の一線だ、とルーシー・コー地方裁判所判事は結論づけた。アップルとサムスンのスマホ訴訟を裁いてシリコンバレーの「スター判事」になったコー判事は、「リンクトインのユーザーは、登録の時点ではリマインダーメールに同意していなかった」と判断した。

 和解の一環として、リンクトインは2015年末までに、ユーザーがリマインダーメールの送信を停止できる新機能を提供する予定だ。

 先週金曜の和解通知のメールには、請求を行うために必要な15桁の番号が記載されている。メールは受け取らなかったものの、リンクトインに迷惑行為を受けたと感じている人は、今回の集団訴訟のウェブサイトで和解金の請求手続きをしよう。締め切りは12月14日。登録するならお早めに。


スン・リー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング