内戦下の医療の過酷すぎる現実

ニューズウィーク日本版 / 2016年1月13日 17時10分

 11年に内戦が勃発して以来、シリア北部の都市アレッポでは政府軍と反体制派勢力の攻防が続く。街は政府軍が掌握する西部と、反体制派が支配する東部とに真っ二つ。東部では医師の大半が殺されたり逃げたりして深刻な医師不足に陥っていると、NPO「人権のための医師団(PHR)」は報告している。

 内戦前のアレッポは総人口300万人を超えるシリア最大の都市だった。しかし内戦を境に東部では人口が激減。PHRがまとめた報告書によれば、10年には約120万人が東部で暮らしていたが、11年以30万人前後に減少している。

 それを上回るペースで減っているのが医師の数だ。報告書によれば内戦勃発以降、医師の約95%が殺害・拘束されるか逃げ出すなどしている。10年には東部に1500人いた医師が現在は80人以下に。住民7000人に対し医師1人という割合だという(10年は住民800人に対し医師1人)。

 しかも危機的状況下で何日間もぶっ続けで治療に当たった後に、トルコなどで休養するというのが実情だ。そのため、実働しているのは常時37~50人にすぎない。

 専門医は徐々に減り、形成外科医や神経内科医、心臓医は各1人、泌尿器科医が数人という状況だっている医師は重傷者の治療に当たっているが、手足の切断や外科手術の経験に乏しい医師が多く、治療はまさに「実戦訓練」になっている。

医療を断たれる恐怖

 常に空爆の不安と背中合わせだと、PHRが話を聞いた医師たちは訴えた。彼らと行動を共にしている看護師は200人近いとみられている。

 医療施設を狙った攻撃のほとんどが政府軍によるものだ。11年3月以降アレッポだけで45の病院が政府軍に攻撃された。シリア全体では医療関係者680人以上が死亡、300を超える医療施設が破壊されている。

「こうしたやり方は将来、極めて有効な戦術になるかもしれない」と、報告書を共同執筆したミシガン大学のミシェル・ハイスラー教授(内科学・公衆衛生学)は言う。「病院を標的にして医療の道を断てば、知らず知らずのうちに恐怖を植え付けられる」

[2016.1. 5号掲載]
ルーシー・ウェストコット

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング