【写真特集】エクアドル大地震、余震で阻まれる救助活動

ニューズウィーク日本版 / 2016年4月21日 17時0分

 先週の大地震で多数の死傷者が出た南米エクアドル沿岸部を、今週20日、マグニチュード6.2の大きな余震が襲った。最初の大地震で多くの建物が崩壊した被災地では、その後相次ぐ余震のために住民の救助活動が中断されている。また自宅に戻れない被災者が水や食料の不足を訴えている。

 先週16日にエクアドルで発生したマグニチュード7.8の大地震では、崩れた住宅の下敷きになるなどこれまでに570人が死亡し、現在でも150人以上の住民が行方不明のままになっている。けが人は7000人以上にのぼり、2万人以上が自宅に戻れず避難所などで寝泊まりしている。

 さらに20日の夕方、被災地を大きな余震が襲い、住民たちは建物の崩壊を恐れてあわてて道路に飛び出していたという。

【参考記事】日本とエクアドルの巨大地震は、環太平洋火山帯の地震活動が活発化している結果かもしれない

 最初の大地震から丸3日以上が経過した現地では、生存者が見つかる可能性が徐々に低くなっているが、住民の救助活動は度重なる余震のために中断され、思うように進んでいない。

 また、地震で道路が寸断されて救援物資が届いていない地域もあり、被災者に配給する水や食料が不足しているところも出てきている。


エクアドル沿岸部の空撮写真では、町のあちこちで建物が崩壊しているのがわかる Guillermo Granja-REUTERS


大地震で自宅が半壊した住民は余震を恐れて屋外で生活している Guillermo Granja-REUTERS



救援物資の支給を待って列を作る被災住民 Henry Romero-REUTERS


被災住民が「水と食料が必要です」と道路を通行する車に訴えている Henry Romero-REUTERS


救援ボランティアから食料を受け取る親子 Guillermo Granja-REUTERS


屋外に敷いたマットレスの上で生活する子どもたち Henry Romero-REUTERS

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング