トランプはなぜプーチンを称賛するのか

ニューズウィーク日本版 / 2016年7月28日 18時0分

<バルト三国やウクライナ、日本といった同盟国のことは歯牙にもかけないトランプが、ロシアにだけは気安く、甘いのはどういうことか? 様々な疑問が出てきている>

 米民主党全国大会の開幕直前に民主党全国委員会(DNC)のサーバーから盗まれたメールが公開された。同党のバーニー・サンダース候補の足を引っ張る画策をしていたとして、デビー・ワッサーマンシュルツDNC委員長は辞任に追い込まれた。

 ヒラリー・クリントンの大統領候補指名を目前にこのドタバタ劇を仕組んだのは、ロシア政府系のハッカー集団と見られている。共和党の大統領候補ドナルド・トランプはロシアのウラジーミル・プーチン大統領と政商たちに借りがあるのではないか、という噂と状況証拠も出てきている。いったいロシアはどこまで米大統領選とアメリカ政治に影響力を行使しているのか。

大統領候補にあるまじき行為

 トランプは、こともあろうにそのロシア政府系ハッカーにもっとクリントンの秘密をリークして欲しいと呼び掛けた。クリントンが国務長官時代に私用のメールアカウントを使って公務のメールのやりとりをしていたことが発覚した後、クリントンが個人的なメールだとしてサーバーから削除した約3万通のメールのことだ。

 昨日の記者会見でトランプは、こう言った。「あのハッカーたちは例の3万3000件の電子メールも持っているはずだ。クリントンが削除し失われたメールだ。そこにどんなおいしいネタが隠されているか、大いに楽しみだ」

【参考記事】常軌を逸したトランプ「ロシアハッキング」発言の背景

 大統領候補が前国務長官の秘密を探るようロシアに依頼するなど常識では考えられない。安全保障に関わる問題だ。そうでなくても、ロシアはトランプを勝たせるために米大統領選に介入しているという疑いがある。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はトランプを褒めそやし、トランプもプーチンに賛辞を惜しまない。

 一方でトランプはロシアの隣でNATOに加盟しているバルト3国に対し、ロシア軍が侵攻しても米軍の支援を当てにするな、とまで言ってきた。

【参考記事】トランプ、NATO東欧の防衛義務を軽視

 トランプは以前、プーチンを「非常によく」知っているとうそぶいていたが、27日の記者会見では前言を撤回し、「プーチンとは会ったことがない。どんな人間か知らない」と言った。

 トランプはこうも言った。「彼は1つだけ私を褒めてくれた。私が天才だと言ってくれたんだ。それを報じた新聞には感謝したが、プーチンとの関係はそれだけだ」



 これは、前日にNBCが放映したバラク・オバマ米大統領のインタビューを受けた発言のようだ。オバマはロシアが大統領選に介入しているという驚くべき可能性を淡々と認めた。「分かっているのは、ロシアが我々のシステムをハッキングしていること、それも政府だけでなく、民間のシステムもハッキングしているということだ。リークの動機が何かは言えない。私が知っているのは、ドナルド・トランプが繰り返しウラジーミル・プーチンを褒めたたえているということだ」

 ロシアで不動産ビジネスを成功させることは、トランプの長年の悲願だった。息子のドナルド・トランプJr.は以前、「ロシア・マネーは我々が保有する資産全体のなかで不釣り合いに大きな割合を占めている」と明かした。

【参考記事】NATOはロシアを甘く見るな──ラスムセン元NATO事務総長

 27日の記者会見ではトランプは、クリミア半島をロシアの領土と認め、ロシアのウクライナ介入に対する制裁を解除することを「検討する」とも語った。クリミア半島は長年、ウクライナの一部だったが、14年3月にプーチンが一方的に併合した。

From Foreign Policy Magazine



デビッド・フランシス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング