1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ビー・ジーズのあの名曲が命を救う? ドイツの学校では印税免除に

ニューズウィーク日本版 / 2017年5月19日 12時10分



ドイツでは早くから学校単位で取り組み

ドイツでは早くから、学校で子供たちに心停止時の蘇生法を教えることに取り組んできている。心停止はドイツの死因で3番目に多いが、正しい処置を知っていれば救命できる可能性が高いからだ。

2014年には52人の専門家が集まり、心肺蘇生法によって毎年1万人の人命救助を目指すことに決めた。ケルン大学病院の麻酔学・可能一次救命措置クリニックのディレクター、ベルント・ベッティガーは、心停止のケースの60%から70%は少なくとも1人の同伴者の前で起こるにもかかわらず、心肺蘇生法が行われるのはたった17%しかないと、シュピーゲルに伝えている。また、その多くは家庭で起こる。

マドンナの「ライク・ア・プレイヤー」、ビートルズの「イエロー・サブマリン」、AC/DCの「ハイウェイ・トゥ・ヘル」なども心肺マッサージにいいらしい。毎分100〜120のビートが適するようだ(BBC)。

モーゲンスタン陽子


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング