大雪のボストンに女装男性の『アナ雪』エルサが参上! 警察車両救出の瞬間

ニューズウィーク日本版 / 2018年3月15日 16時50分

<このエルサは、氷のビームではなく腕力で雪にはまったワゴン車を押す>

異常な寒波で、季節外れの吹雪に見舞われているアメリカ・ボストンに、かの有名な「雪の女王」エルサが現れた。

アメリカ北東部はこの2週間強い寒気の影響で大荒れの天気が続いている。ABCニュースによると、ボストンで同レベルの吹雪が起こったのは2017年2月以来のことで、街は一面を雪に覆われている。

3月12日正午には、ボストンがあるマサチューセッツ州全域で停電が発生。およそ23万人が影響を受けた。

雪道にはまった警察車両を救ったのは

ボストンでは道に降り積もった雪に行く手を阻まれる車両が相次いだ。3月13日の夜、街中で雪にはまってしまったのは、ボストン警察当局のワゴン車。普段は市民の安全を守る側の警察だが、降りしきる雪を前にお手上げだった。

警察のワゴン車が立ち往生する道路脇にはバー「ザ・ギャローズ(The Gallows)」があり、店内は楽しい時間を過ごす客で賑わっていた。ある男性客が窓越しにこの様子を見ていると、突然、救世主が現れた。

ワシントンポスト紙が報じるところによると、雪の中に姿を現したのはディズニーアニメ『アナと雪の女王』のヒロイン、エルサだ。否、正確に言えば、エルサのコスチュームで仮装した男性だ。

店内にいた客の一人だったエルサは、立ち往生したワゴン車に近づくとタイヤに付いた雪を払い落とし、手慣れた様子で運転手に一旦バックするように指示。そこから切り替えて前進したワゴン車を後押しするのは、劇中に登場するエルサの魔法の氷のビームではない。たくましい腕で一心不乱に押し、途中ドレスの裾をたくし上げながら、魔力ではなく腕力で見事ワゴン車を救いだした。


The Weather Network-YouTube



雪の女王の正体は弁護士の男性(37)

この救出劇の一部始終を捉えたのは、レストラン評論家のクリストファー・ヘインズ。実は、彼はエルサの正体を知っていた。近所に住む人物こそエルサだという。ヘインズは、ご近所さんがちょっとカラフルなことは知っていたし、あまり気にしていなかったそうだ。

ボストン・グローブ紙によると、エルサの正体は弁護士のジェイソン・トリプレット(37)。トリプレットはこの日、友人たちを楽しませようと、購入していたエルサの衣装を着ていたという。

ヘインズの撮影したビデオには、バーの客たちの興奮したエールが収められている。エルサが歌う『アナと雪の女王』のテーマソングの歌詞にかけて「Let him go!」という歓声が巻き起こったそうだ。

First of all...I would just to say that regardless of the obvious similarities, this is NOT me. #bostonsnowstorm #winterstormskylar #elsa #frozen #sorrynotfrozen Jason Paulさん(@jptriplett1)がシェアした投稿 - 3月 13, 2018 at 5:28午後 PDT


ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング