1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ハリー王子&メーガンの結婚式にトランプが招待されなかったこれだけの理由

ニューズウィーク日本版 / 2018年4月11日 13時45分

<伝統に反して2人が政治指導者を招かないことにしたのは、トランプを呼びたくなかったから?>

思ったとおり、ドナルド・トランプ米大統領は、イギリスのハリー王子と米女優メーガン・マークルの結婚式に招かれなかった。

ケンジントン宮殿が4月10日に発表したところによると、ハリーとマークルは、5月19日に迫った世紀の挙式の「公式」招待者リストには、伝統に反して、各国の政治指導者を含めないことに決めた。代わりに家族や友人、公的な関係者を中心に2640人を招待したという。

オバマ夫妻はとばっちり?

イギリスのテリーザ・メイ首相や野党・労働党のジェレミー・コービン党首も招かれていないことを考えれば、トランプが招かれなかったのは無理もない。それどころか、ハリー王子の友人であるバラク・オバマ前米大統領とミシェル夫人も招かれていない。

BBCによれば、ハリーとマークルが政治指導者を呼ばないことに決めたのは、ハリーの王位継承順位は5位であること、式場となるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂は、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンが結婚式を挙げたウェストミンスター寺院ほど大きくないせいだという。

招待された人々のうち1200人は、ハリーとマークルが情熱を傾ける人道活動や市民活動への献身が評価された人々。

トランプが式に招かれる確率はもともと低いと考えられてきた。トランプはハリーとマークルのいずれとも面識がない。まして、国連女性機関の賛同者として働いたこともあるマークルは、2016年にトランプがヒラリー・クリントンと戦った大統領選挙中、「女性差別的」で「対立を煽りたがる」トランプに批判的だった。

2人が政治家を呼ばないことにしたのは、マークルのトランプ嫌いのせいだった?

ジャニス・ウィリアムス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング