英外相、中国デビューで痛恨の言い間違い「妻は○○人です」

ニューズウィーク日本版 / 2018年7月31日 13時30分

<外相就任後初のご機嫌伺いに訪問した中国で、よりにもよって中国を「あの国」と間違えてしまいました>

7月上旬に着任したばかりのジェレミー・ハント英外相は30日、中国を初めて公式訪問。その外相会談の席で妻の国籍を間違える一幕があった。

北京で中国の王毅外相と会談を行ったハントは、自らと中国とのつながりをアピールしようと、19歳の時にバックパッカーとして中国旅行をした経験に言及。さらに自分の妻は「日本人だ」と紹介したが、これが間違い。ハント夫人は中国人だ。

ハントは「私の妻は日本人なんです」と言った後に、慌てて「いや、中国人なんです」と発言を訂正。この言い間違いを軽いミスで済まそうと「これはひどい間違いだ」と続けたが、会談の席はぎこちない笑いに包まれた。

「私の妻は中国人で、子どもたちは半分中国人です。子どもたちの祖父母は中国人で、西安で暮らしています。中国には強い家族のつながりがあるんです」とハントはさらに説明した。

よりによって「日本」

この失態に、ツイッターのユーザーたちがすぐに反応。ハントに対する批判コメントが多数投稿された。

オンラインビジネス誌クォーツのアームナ・モーディン記者は、次のようにツイート。「イギリスの新外相であるジェレミー・ハントは、初の中国公式訪問で中国人女性を日本人と呼んだ。しかもその女性は彼の妻だ」

BBCは、ハントの言い間違いがなぜ「大失態」なのかを記事で説明した。

記事は「中国政府のご機嫌取りをしようとする上で、中国をそのほかの国と間違えるのはまずい」と指摘。「しかも日本と間違えたというのは、おそらく最悪の失敗だ」とし、中国と日本の間には苦々しい対立の歴史があり、緊張関係が続いていると説明した。

BBCはまた、アジア人についてよくある人種差別的な考え方についても指摘した。

「東アジア系の人は『みんな同じ顔に見える』とよく冗談で言われるが、東アジアの多くの人はこれについて、人種差別と感じている」



7月上旬に電撃辞任したボリス・ジョンソンの後任として外相に就任したハントは、イギリスのEU(欧州連合)離脱を前に中国との貿易関係を強化する目的で中国を訪問。香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは訪問に先立ち、ハントは外相会談で「多国間主義と自由貿易の重要性や、気候変動や開発、安全保障や非核化、北朝鮮に対する国連制裁など国際社会が直面する課題について英中がどのように協力していけるかについて」取り上げるつもりだと報じていた。

ハントの前任者であるジョンソンも過去に人種差別的な失言を行ったことで知られている。アフリカの黒人について「スイカみたいな笑顔で旗を振る」と言った一件は悪名高い。

(翻訳:森美歩)


ジェイソン・レモン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング