3年目に向けて依然として先が見えないトランプ政権 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2018年12月11日 16時30分

<年内のケリー首席補佐官の退任、ロシア疑惑の捜査の進展、さらにカジノ事業をめぐる不正なカネの疑惑までが浮上し、任期3年目を前にトランプ周辺はまったく落ち着かない>

就任からほぼ2年、この間のトランプ政権は政権内部でのゴタゴタが絶えませんでした。2018年11月にはその信任投票と言うべき中間選挙があり、政権与党の共和党としては下院の過半数は失ったものの、上院では勝利しています。ですが、その直後にはセッションズ司法長官が更迭されるなど、政権3年目へ向けて依然として体制は不安定です。

そんな中で、今回はジョン・ケリー首席補佐官の退任が発表されました。ここ数週間、大統領とは「会話のできる関係ではなくなった」など不和が取り沙汰されていましたが、それが現実になったのです。ケリー補佐官は、2017年7月に前任のプリーバス補佐官の辞任を受けて就任。当時は「ホワイトハウスからの情報漏れ」が大きな問題になっていたのを、内部の引き締めに成功したとされています。

そんなことから、トランプ大統領の側近中の側近と言われていましたが、遂にそのケリー氏もホワイトハウスを去ることになりました。同氏が年末で退任することがハッキリした現在、後任人事をめぐって様々な動きや憶測が流れています。

後任の首席補佐官候補として筆頭に挙げられていたのは、ペンス副大統領の首席補佐官であるニック・エアーズ氏でした。エアーズ氏は、2016年の大統領選以来、ペンス副大統領の腹心を務めていた人物で、トランプ大統領は「ケリー補佐官の後任に是非」と望んだようですが、断られてしまいました。

理由としては故郷のジョージアに戻って家族との時間を大事にしたいということで、要するにこのタイミングで大統領に仕えるのは「回避」した形です。

エアーズ氏が「回避」したのには、元々がラインス・プリーバス元大統領首席補佐官の共和党全国委員長時代の部下であったことから、共和党の主流派に近い人物であり、トランプ大統領の極端な政治には賛同していなかったという説があります。また、政権が激しく動揺している中では「火中の栗を拾う」リスクは取らなかったという解説もあります。

そのぐらい、現在の政権の周囲は騒がしくなってきています。というのは、人事問題に加えて、ここへ来て、ロシア疑惑を中心に政権の周囲の捜査を行っていたムラー特別検察官の動きが活発になっているからです。



まず、ロシア疑惑に関しては、ロシアからカネを受け取っていたとして逮捕された、ポール・マナフォート元トランプ選対委員長は、一旦は「有罪を認めて司法取引に応じた」ということになっていたのですが、「取引に違反して嘘の証言をしていた」として告発されています。

一説によれば、これは「トランプにマナフォートへの恩赦をさせる」という「罠」だという指摘があります。仮に恩赦をすれば「大統領による司法妨害になる」からです。

さらに、トランプの個人弁護士であったマイケル・コーエンも、同様に「有罪を認めての司法取引」に応じていますが、このコーエンのルートからは、女性問題を隠蔽しようと、トランプ大統領本人が不正なカネを使って工作を指示したという証言が出ているようです。

これに関しては、民主党の「次期下院情報委員長」に就任すると言われているアダム・シフ議員が「トランプ大統領は、弾劾されるだけではなく、収監される可能性もある」と発言して、激しく批判をしています。

一方で、ムラー特別検察官の捜査における「本丸」は、選挙におけるロシアと癒着したハッキング活動でもなければ、女性たちへの不正な口止め工作でもなく、第三の疑惑だという説もあります。

それは、トランプの家業であるリゾート・カジノ事業における、不正な外国との関係という問題です。例えばモスクワに「トランプタワー」を建設するという構想に絡んだロシアからトランプへの不正なカネの流れがあるという説で、そこにドイツ銀行が絡んでおり、ロシアとトランプ・オーガニゼーションを含めた「租税回避とマネーロンダリング」の全体像が明らかになると、政権が吹っ飛ぶともいう見方もあるのです。

この問題についても、鍵を握るとされるコーエン元顧問弁護士が証言を開始しており、今後の証言に注目が集まっています。

現在のアメリカは年末へ向けて、徐々にビジネスも政治もスローダウンしてきていますが、政権の周囲は非常に騒がしくなっています。新しい年へ向けて、トランプ政権の行方は、不透明な状況となっています。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング