ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャンセル急増「次は自分かも」

ニューズウィーク日本版 / 2018年12月12日 17時30分

<中国フアーウェイCFOがアメリカの指示で逮捕されるという仰天事件の後、不安に捉われる米中エグゼクティブ>

米中貿易戦争を背景に華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(マン・ワンジョウ)CFO(最高財務責任者)が、アメリカの指示によってカナダのバンクーバーで逮捕されたことを受け、アメリカと中国の企業幹部は、自分たちの逮捕を恐れて、相手国への出張旅行を相次ぎキャンセルしているという。複数のコンサルティング会社が12月11日に明らかにした。

香港を拠点とするセキュリティコンサルティング会社A2グローバル・リスクのマネージング・ディレクターを務めるブラッドリー・アレンによれば、先週末にかけて出張のキャンセルが急増したという。そのほとんどは、孟逮捕後、報復で中国当局に逮捕されることを懸念したアメリカ人だ。

マーケティングコンサルティング会社CMRチャイナのマネージング・ディレクターを務めるショーン・レインによれば、「日経アジアンレビュー」に対し、アメリカ企業の幹部の多くは中国が孟逮捕に対する報復をしてくることを恐れているという。

「カナダでファーウェイの孟晩舟が逮捕されて以降、上級幹部が出張中に遭遇しうるトラブルについて、アメリカ企業からの問い合わせが急増している」と、香港の政治リスクコンサルティング会社スティーブ・ビッカーズ・アンド・アソシエーツ(SVA)のスティーブ・ビッカーズCEO(最高経営責任者)は言う。事実、中国政府は、孟の逮捕に対して激しい怒りを表明している。

中国人は孟の二の舞を恐れる

一方で、中国の企業幹部も、米中間の緊張から、自分も米政府に逮捕されかねないと思っている。

12月1日に逮捕された孟は、11日に保釈を認められた。「ワシントン・ポスト」の報道によれば、孟の弁護士は、孟は健康状態がすぐれない上、逃亡の可能性もないとして、釈放を主張した。

ファーウェイは現在、世界最大の通信機器メーカーだ。世界2位のスマートフォンメーカーでもある。その孟が香港からメキシコに向かう途中のカナダで逮捕された。それも、中国の習近平国家主席とドナルド・トランプ米大統領がアルゼンチンで開催されたG20サミットで貿易戦争について議論を交わしていた同じ日に。

アメリカとカナダはいずれも、逮捕が報じられた5日以降、孟の件についてはほとんど語っていない。一方、中国はカナダに対し、孟を即座に釈放しなければ「深刻な結果」を招くことになると警告してきた。



タイム誌によれば、孟の逮捕は長らくファーウェイを攻撃してきたアメリカが強硬手段に打って出たものと見られる。2018年はじめにはCIAとFBIが米消費者に対し、ファーウェイ製品、とりわけスマートフォンについて、諜報能力を同社に与えることになるので使用や購入を避けるように警告していた。これを受けて、長距離通信会社のAT&Tとベライゾン・コミュニケーションズは、アメリカでのファーウェイ端末の販売提携を打ち切った。

米政府の非難を受けたファーウェイの広報担当者は、当時CNBCに対して次のような声明を出していた。「ファーウェイは世界170カ国の政府や顧客に信頼されており、当社製品のリスクは他の他社製品のものと何ら変わらない」

(翻訳:ガリレオ)


コラゾン・ビクトリノ

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング