【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

ニューズウィーク日本版 / 2019年1月18日 12時30分

<屈辱的な懲罰を行った会社側だけでなく、それに従った従業員への批判も出ている>

中国で会社従業員が、懲罰として「四つ這い」で道路を行進させられている動画がネット上で拡散され、ソーシャルメディアではこのような屈辱的行為に及んだ会社と従業員の双方を非難する意見が噴出している。

中国・山東省東部の棗荘市で撮影されたこの動画では、会社の旗を振る男性に先導されて、数人の女性従業員が四つ這いになって道路を行進している。行進の傍らでは多数の自動車が行き交っている。

AP通信によれば、これは現地の美容会社が、目標を達成できなかった社員に対して行った懲罰行為。映像では、道路を横断する一団によって自動車の往来が妨害され、警察官が一団を制止していた。

会社の旗を持って先導していた男性は警官から注意を受け、この一件で会社は一時的に閉鎖に追い込まれた。

This Chinese company has a humiliating punishment for employees who fail to meet their targets. pic.twitter.com/eiqaMkkvkm— SCMP News (@SCMPNews) 2019年1月16日



拡散された動画は、中国のソーシャルメディアのユーザーを驚かせ、誰に責任があるか問う声があふれた。「従業員の尊厳を踏みにじるような会社は潰れてしまえばいい」という意見がある一方、「いくら金のためとはいえ(従業員も)なぜここまで尊厳を捨てることができのか?」と従業員側を責める意見もあった。

従業員に対する中国の会社の屈辱的な懲罰行為の動画が拡散してことはこれまでにもあり、昨年夏には別の会社で従業員が平手打ちをされ、四つ這いに歩かされる動画が拡散したことがある(上の動画の後半)。

香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、昨年夏の動画は湖北省宜昌市の会社の月例報告会で撮影され、一列に並んだ無抵抗の6人の男性従業員の顔を女性従業員が何度も平手打ちにし、最後には授業員全員が拍手をさせられている。

カラム・パトン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング