介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕

ニューズウィーク日本版 / 2019年1月24日 17時20分



米アリゾナ州フェニックスの介護施設で、重度の知的障害があり、ほとんど寝たきりで重い介護を必要とする女性の入所者(29)が昨年12月、赤ちゃんを出産し、全米に衝撃が走った。女性をレイプしたとして、看護師の男が逮捕された。

容疑者のネイサン・サザーランド(36)は1月22日、米アリゾナ州のフェニックス警察に逮捕された。フェニックスにある長期介護施設「ハシエンダ・ヘルスケア」に入所中の女性に性的暴行を加えた罪で、性的暴行1件と成人弱者に対する虐待1件の容疑がかけられている。サザーランドは刑務所に収監された後、裁判所の命令でDNAサンプルを提供。捜査当局が昨年12月29日に生まれた子どものDNAと比較したところ、サザーランドのDNAと一致した。施設の職員は、出産直前まで被害者の妊娠に気づかなかったと証言した。

フェニックス警察のトミー・トンプソン巡査部長によれば、サザーランドは看護師免許を持ち、2001年から同施設で働いていた。被害者の部屋に出入りできる立場にあり、性的暴行があった時期に被害者の介護を担当していた。サザーランドは勾留後、黙秘権を行使し、警察の取り調べに応じていない。

フェニックスのテルダ・ウィリアムズ市長は、介護施設は安全な場所であるべきなのに、被害者にとっては違ったと言った。そのうえで彼女は、事件を重く受け止めて捜査に着手し、容疑者逮捕につなげた警察官らをたたえた。

フェニックス警察のジェリ・ウィリアムズ署長は、被害者は地域で「最も弱い」存在であり、警察は事件解決に向けてほぼノンストップで捜査を進めたと言った。

「今回の逮捕は、被害者に対するわれわれの義務だった」と、ウィリアムズは言った。「この地域に最も新しく加入した、あの無実の赤ん坊に対する義務だった」

赤ん坊は被害者の家族に引き取られ、元気にしているという。



当初、被害者は植物状態と報じられたが、家族の弁護士は米CNNの系列局KNXVの取材に対し、被害者は植物状態ではなく、幼少期に起こした発作が原因で重度の知的障害があると説明した。さらに弁護士は、被害者は手足や頭、首を動かせるし、顔の筋肉を動かすジェスチャーをしたり音に反応したりする能力もある、と言った。

施設に入所中の寝たきりの女性の妊娠が発覚してから、同施設のビル・ティモンズCEOが1月7日に辞任。CEOの辞任後、被害者を担当していた医師2人が施設を去った。1人は退職、もう1人は停職処分だった。

「改めて、被害に遭われた入所者とご家族に心からお詫び申し上げます」と、同施設は声明を発表した。「ハシエンダは患者やその家族、地域、パートナー組織の信頼回復に向けて、できることには何でも取り組んでいく意思がある」

サザーランドは1月23日にマリコパ郡刑務所に収監された。

(翻訳:河原里香)


ジェニ・フィンク

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング