残留へと傾き始めたイギリスの変心にEUは期待する

ニューズウィーク日本版 / 2019年4月19日 13時30分

6カ月の期限延長は妥協の産物と言えた。ドイツのアンゲラ・メルケル首相を含む参加者の大半は、イギリスにもう1年与えて、方針を整理させたいと考えていた。



だが、加盟国の我慢もそろそろ限界のようだ。オックスフォード大学の著名な歴史学者ティモシー・ガートン・アッシュは先週、「長年の友人たちや親イギリス派も含め、大陸ヨーロッパの人々の大多数に見限られたことに、私はショックを受け、悲しんでいる」と、英ガーディアン紙に寄稿した。「イギリスは今や除外すべき毒であり、壊疽(えそ)にかかった手足だ。ヨーロッパはイギリスを切り離したほうが健康になると見られている」

EUのドナルド・トゥスク大統領は、イギリスは決断を永遠に先延ばしにすることはできないという明確なメッセージを送った。「今度は時間を無駄にしないでほしい」と、トゥスクは記者団に語った。

しかしブレグジットの遅れについて審議を行った英議会では、緊急性が感じられなかった。「圧力弁が解除されたような感じだ。議員はメイを追い落とせず、閣僚の間には諦めが漂っている。誰もが休憩を欲しがっている」と、 ガーディアン紙の政治記者ジェシカ・エルゴットは下院議場からツイートした。

疲れ果てたイギリス政界を、間もなく2つの選挙が揺さぶるかもしれない。1つは5月2日に予定される統一地方選。もう1つは5月23日の欧州議会選で、ブレグジットの遅れによりイギリスは今回も参加する。

今まではどちらの選挙に対しても、イギリス人の関心は薄かった。投票率が低いために、支持率から予想された数をはるかに超える議席を野党が獲得したケースも多かった。

前回14年の欧州議会選では、強硬な反EU派のイギリス独立党(UKIP)が24議席、労働党が20議席を勝ち取り、保守党は19議席だった。統一地方選と欧州議会選では、失望したブレグジット支持派と不満を抱く残留派の両方が既存の政党に不満を伝えようと、大規模な抗議投票を行うことになりそうだ。

時間は常に残留派の味方だ。ブレグジット支持が僅差で多数を占めた16年の国民投票の民主的な正統性は、刻々と失われていく。離脱派に多い高齢の有権者は少なくなっていき、EU残留を強く支持する若い有権者の割合が増えるためだ。そしてEUは渋々ながら、イギリスに時間を与えることに同意した。

イギリスと大陸ヨーロッパ両方のブレグジット反対派が望むのは、今年のハロウィーンがただのお祭りではなく、イギリスがブレグジットの悪夢から目覚める瞬間になることだ。

From Foreign Policy Magazine

<本誌2019年04月23日号掲載>



※4月23日号(4月16日発売)は「世界を変えるブロックチェーン起業」特集。難民用デジタルID、分散型送電網、物流管理、医療情報シェア......「分散型台帳」というテクノロジーを使い、世界を救おうとする各国の社会起業家たち。本誌が世界の専門家と選んだ「ブロックチェーン大賞」(Blockchain Impact Awards 2019)受賞の新興企業7社も誌面で紹介する。


オーエン・マシューズ


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング