リアリティー番組の女王キム・カーダシアンが、弁護士を目指して超本気モード

ニューズウィーク日本版 / 2019年4月24日 18時0分

<お騒がせセレブのカーダシアンだが、実は父親があのO・J・シンプソンの弁護士だった>

ブロンドの「カワイ子ちゃん」 が一念発起して弁護士になる映画『キューティ・ブロンド』。まさにそんな弁護士が、ハリウッドから誕生するかもしれない。

4月10日にヴォーグ誌のインタビューで、弁護士を目指して勉強していると明かした女優キム・カーダシアン。最近の試験は「最高の出来」だったと、SNSで報告した。どんな試験かは分からないが、本人のインスタグラムの投稿によると、毎月「筆記と選択式の試験」があるという。

現在38歳のカーダシアンは、約20年前にロサンゼルスのピアース・カレッジを中退している。家族に密着するリアリティー番組の仕事が舞い込んだためだ。

カリフォルニア州では法学部の卒業資格がなくても、弁護士や判事の下で4年間、週18時間以上インターンとして働くと司法試験の受験資格が得られる。1年目の終わりに予備試験があり、合格するとさらに3年間、インターンシップを続けることができる(同様の制度はバーモント、バージニア、ワシントン州にもある)。

昨年から見習い業務を開始

ヴォーグ誌のインタビューによると、カーダシアンは昨年夏からサンフランシスコの弁護士事務所で勉強と見習い業務を始めている。今年の夏に予備試験を受け、22年に司法試験に挑戦する計画だ。

新しい旅を始めるまで「たくさん、真剣に」悩んだが、最後に背中を押したのは、刑事司法制度の改革を訴える活動が実ったことだ。暴力を伴わない薬物売買の罪などで終身刑を受けていた女性の早期釈放を求める運動に参加し、関連する法律の制定を求めて働き掛けてきた。

「法案の可決が実現するなんて夢にも思わなかった。私にとって大きなターニングポイントになった」

間もなく代理出産で4人目の子供を迎えるカーダシアン。法律に興味を持ったのは、O・J・シンプソンの弁護団の1人だった亡き父ロバート・カーダシアンのおかげだと語る。

「父の書斎の壁を押すと、裏に隠し部屋があって、OJの証拠書類がそろっていた。週末になると私はこっそり読んでいた。法医学に関して詮索するのが大好きだったの」

先のインスタグラム投稿で、カーダシアンはこんなふうに語っている。「夢を追い掛けて新しい目標を達成しようとするなら、何にも邪魔させてはいけない。自分の道は自分で切り開ける。そう、私のように」

<本誌2019年4月30日/5月7日号掲載>



※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。


ハンナ・プレストン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング