男女3人がホテルの一室で──クロスボウ怪死事件は心中か

ニューズウィーク日本版 / 2019年5月20日 11時45分

<ドイツで起こったなんとも不可思議な事件。謎は深まる一方だ>

ドイツ南東部のバイエルン州パッサウ近郊でなんとも不可解な事件が起きた。5月12日、クロスボウ(洋弓銃)で撃たれたとみられる男女3人の遺体がホテルの一室で発見されたのだ。

検察によれば頭部を2回、胸部を3回撃たれた男性(53)と、頭部と胸部を1回ずつ撃たれた女性(33)が手をつないでベッドに横たわっていた。ベッドの脇には喉とあごの間を撃たれた別の女性(30)の遺体もあった。

中世の武器であるクロスボウがなぜ使われたのか。事件が注目を集めるなか、翌13日には約650キロ離れた町のアパートで女性2人の遺体が発見された。うち1人はパッサウで亡くなった30歳の女性の姉妹。死因は不明だが、室内からクロスボウは見つかっていない。

謎は深まる一方だが、パッサウの事件については室内に争った跡や第三者が関与した形跡がないことから、何らかの心中事件との見方が浮上している。死亡した3人が中世の武器収集を趣味にしており、男性は中世の武器や衣装を扱う店を経営していたとの情報もある。

<2019年5月28日号掲載>


※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。













デービッド・ブレナン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング