新説「超新星爆発がヒトの直立二足歩行を進化させた」

ニューズウィーク日本版 / 2019年5月30日 17時30分

<米カンザス大学の研究チームは、ヒトが直立二足歩行するようになったきっかけに超新星爆発があるという研究論文を発表した>

ヒトは、脚と脊椎を垂直に立てて二足で歩行する直立二足歩行が可能な唯一の生物であり、生物学上、その祖先である類人猿とは、直立二足歩行ができるかどうかで区別されている。ヒトが直立二足歩行するようになった要因については様々な説があるものの、まだ完全に解明されていない。

超新星に伴う宇宙線の影響で、世界中で森林火災が起こった

米カンザス大学のアドリアン・メロット名誉教授らの研究チームは、2019年5月28日、学術雑誌「ジャーナル・オブ・ジオロジー」で研究論文を発表し、「超新星に伴う宇宙線によって大気がイオン化(電離)し、落雷が急激に増え、世界中で森林火災が起こった」としたうえで、「ヒトの祖先は、森林が焼失して草原となったことで、この環境変化に適応するため直立二足歩行を進化させたのではないか」という新たな説を示した。

超新星とは、質量の大きな恒星が進化の最終段階で起こす大規模な爆発現象である。地球には800万年前から超新星からの宇宙線が到来していたが、そのピークは、地球から163光年離れた地点で超新星爆発が起こった、鮮新世から更新世氷河時代にわたる260万年前頃とみられている。

高エネルギーな宇宙線が下層大気をイオン化させ、落雷を引き起こした

研究チームでは、超新星からの宇宙線による大気のイオン化を計算した結果、下層大気のイオン化が50倍増加したことがわかった。

メロット名誉教授によると、通常、宇宙線は大気の深い層にまで浸透しないため下層大気がイオン化することはないが、超新星からの高エネルギーな宇宙線が下層大気をイオン化させ、大量の電子によって落雷を引き起こしやすくなったとみられている。土壌で見つかった炭素堆積物の分析により、超新星からの宇宙線が地球に到達した時期と森林火災が世界的に急増した時期が一致することもわかっている。

森林火災によって、かつて森林だった地域の多くが草原に変わった。メロット名誉教授は「超新星からの宇宙線が地球に到達する以前にも、樹上での移動に適応するため、二足歩行していたヒトは存在した」としながらも「森林がサバンナに変わったことで、移動しやすく、草の上から天敵を監視しやすくなるため、直立二足歩行が広がったのではないか」と推論している。



Scientists Find Most Powerful Supernova Ever Seen


松岡由希子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング