1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

人類ならあるはずの「部位」がない...メキシコ議会で公開された「宇宙人のX線写真」に専門家も反応

ニューズウィーク日本版 / 2023年11月10日 18時23分

メキシコ議会で議論された「宇宙人のミイラ」(11月7日) Quetzalli Nicte-Ha-Reuters

<人体に必要な肺や肋骨がない「新種の生き物」だという「謎の遺体」は本物の宇宙人か、それとも偽造されたものか>

メキシコ議会の公聴会で「UFO研究家」が発表した内容が注目を集めている。11月7日、彼が議会に持ち込んだのは、見た目はミイラ化した人間の遺体のようなものの写真とX線写真。これには人体ならあるはずの2つの部位が欠けており、それにより遺体は宇宙人のものだと主張した。公聴会での議論は3時間にもおよんだが、専門家からは懐疑的な見方が示されている。

■【動画】メキシコ議会で公開された「宇宙人のX線写真」...人間ならあるはずの部位がない

AP通信の報道によれば、「UFO研究家」を自称するメキシコ人ジャーナリストのハイメ・マウサンとペルー人のダニエル・メンドーサ博士は、メキシコ議会の公聴会に出席。ペルーで発見された「人間ではない生物」の遺体とされるものの写真およびX線写真を提示した。これを基に、公聴会では3時間におよぶ議論が展開されることとなった。

最近、UFOや地球外生命体の存在への関心はアメリカでも再燃している。7月に、米下院監視小委員会が未確認異常現象(いわゆるUFO)に関する公聴会を開き、国防総省の元職員や元海軍幹部ら3人が「何度も説明のつかない未確認異常現象に遭遇した」と証言したことがきっかけだ。

メキシコ議会の公聴会でマウサンは、自分が発見したものには人体にとって重要な2つの部位である「肺と肋骨」がなく、これは「新種の生き物」だと強調した。ただこの主張に対し、多くの専門家からは懐疑的な見方が示されている。背景には、9月に開かれた前回の公聴会でマウサンが行った「地球外生命体」に関する発見が、「偽造」と疑われていることもある。

本誌はこの件についてマウサンにコメントを求めたが、返答はなかった。

ペルーの検察当局は「最近つくられたもの」と判断

メキシコ議会では9月にUFOに関する初の公聴会が開かれ、マウサンはその場で「宇宙人の遺体」だとする2つの物体を披露。地球外生命体は存在する可能性があると強調した。この「遺体」は目、鼻や口のついた人間のような顔を持ち、新生児ぐらいの大きさで、マウサンはこれらが1000年前のものだと主張した。

ペルー沿岸の砂漠地帯で発見された「人間ではない生物」がミイラ化したものだとするこの「遺体」には、議員たちから懐疑的な声が上がった。マウサンは2017年にペルーでも同様の発表を行ったが、その後ペルーの検察当局は、マウサンが披露した「遺体」が実際には「最近つくられた人形」を紙と接着剤で覆い、皮膚がミイラ化しているように見せかけたものだと発表していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください