1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

「ラスベガスのような感じ」...ウクライナの前線で戦うロシア兵の15%が「薬物中毒」の悲惨

ニューズウィーク日本版 / 2023年11月14日 13時45分

Juliya Shangarey-shutterstock

<士気の低下や訓練不足に悩まされてきたロシア軍にとって、薬物・アルコール乱用などの依存症の増加はさらなる深刻な規律違反にも>

ウクライナの前線で戦っているロシア兵の最大15%が薬物を使用している――英国防省が最新の戦況分析報告書の中で、こう指摘した。

英国防省は11月13日に発表した戦況分析の中で、ロシアの反体制メディア「Verstka」の9月の報道が真実であると確認した。ウクライナの前線では、アンフェタミンや大麻をはじめとする薬物が簡単に入手できるという報道だ。

■【動画】薬物を摂取するロシア兵...薬物の価格も高騰 を見る

    

同メディアは10月にも、ウクライナ国内のロシア占領地域で暮らす兵士や市民、数十人にインタビューへのインタビューから、ロシア軍の約10人に1人がマリファナを使用しており、さらに中毒性の高い違法薬物を使用している可能性もあることが分かったと報道していた。

英国防省はX(旧ツイッター)上で共有した報告書の中で、「一連の報道は信用できるものであり、これ以前にも、ウクライナへの軍事侵攻開始以降、ロシア軍では規律違反、犯罪やアルコール乱用に関連のある死亡事例が高い率で発生していた」と述べた。

Latest Defence Intelligence update on the situation in Ukraine - 13 November 2023.Find out more about Defence Intelligence's use of language: https://t.co/d6uagaiJ0t #StandWithUkraine pic.twitter.com/8De5TUQ2c1— Ministry of Defence (@DefenceHQ) November 13, 2023

さらに同省は「薬物やアルコールの乱用者は、事実上の懲罰部隊である突撃部隊『ストームZ』に送り込まれる可能性が高い」と指摘した上で、こう続けた。

「ローテーションがなく戦闘部隊が前線に出ずっぱりで交代の機会がないことが、規律違反や薬物乱用が多い理由の一つだ」

本誌はこの件についてロシア国防省にメールでコメントを求めたが、返答はなかった。

Russian 'drug-addicted' army: soldiers smoke marijuana, use strong substances when going to warWatch here https://t.co/y2DKL50rQr#UkraineWar pic.twitter.com/jQCmgRVfAV— UATV English (@UATV_en) October 4, 2023

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください