1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

バイデンの再選を脅かす「第3の男」がついに登場か――出馬がささやかれる民主党の大物議員の正体

ニューズウィーク日本版 / 2023年11月22日 14時0分

マンチン(写真)が出馬すれば割を食うのはトランプよりバイデン JULIA NIKHINSON―REUTERS

<上院議員からの引退を表明したのは出馬への布石? この大物が第3政党から出馬すればバイデンの票を奪うことに>

私は2011年の今頃、翌年の米大統領選で再選を目指していたバラク・オバマ大統領(当時)について、こんなコラムを書いた。

「オバマ大統領にとって最大の厄介の種になるのは、現時点でまだ出馬を表明していない人物かもしれない。そして、その候補者は(民主党もしくは共和党の)指名候補ではないに違いない」

抜群の知名度を持つ人物が党内の候補者指名レースを経ずに名乗りを上げれば、無党派層の支持をかなり引き付けるだろうと、私は考えたのだ。党内の足の引っ張り合いと距離を置くことにより、無党派層に、信頼できる「大人」の政治家という印象を与えられるからだ。

結局、12年大統領選では2大政党以外の候補者の本格的な参戦はなく、オバマが共和党のミット・ロムニーを大差で退けた。

しかし、その12年後、オバマの副大統領を務めたジョー・バイデン現大統領が「第3の候補者」の挑戦を受けるかもしれない。民主党のジョー・マンチン上院議員が上院議員引退を表明したため、来年の大統領選に出馬するという臆測が広がっているのだ。

2000年大統領選以降、2大政党以外の候補者が選挙結果を左右したケースが2度あった。2000年には、消費者活動家のラルフ・ネーダーが出馬していなければ、民主党のアル・ゴアが共和党のジョージ・W・ブッシュを破っていただろう。

民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが対決した16年大統領選でも、2000年ほど明確ではないものの、第3党の候補者が選挙の結果に影響を及ぼした可能性が高い。リバタリアン党と緑の党の候補者が出馬したことがクリントンに不利に働いたと思われる。

上院議員を引退する「本当の」理由

来年の大統領選にマンチンが出馬すれば、トランプよりバイデンの票を多く奪いそうだ。

第1に、マンチンは同じ民主党のバイデンと票を奪い合う形になる。第2に、前回大統領選でバイデンに投票した「反トランプ」の共和党支持者は、バイデンよりも、保守派寄りの民主党政治家であるマンチンを好む可能性が高い。

議会での行動を見ると、マンチンは今年に入ってとりわけバイデンの意向に背くことが増えている。21年1月~23年1月、マンチンは上院の採決で、87.9%のケースでバイデンの立場に沿った投票をしていたが、今年はその割合が21.4%まで落ち込んでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください