1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「ほぼ全裸」の胸と下半身をパールで隠しただけ...米セレブの過激衣装、「隙間が多すぎる」と意外な人から不満の声

ニューズウィーク日本版 / 2023年11月25日 20時36分

Harmony Gerber/Shutterstock

<今年のメットガラでカーダシアンが着用したパールだらけのドレスを、試着段階で酷評していたことが明らかに>

実業家としても活躍する米セレブのキム・カーダシアンといえば、ときに過激なほどのファッションで世間の注目を集めてきた人物。今年のファッションの祭典「メットガラ」でも、ほとんど布の面積がない衣装のうえに、何重にもなったパールのチェーンで胸や下半身を隠しただけのネイキッドドレスで多くの人を驚かせた。

■【写真】「ほぼ全裸」の胸と下半身をパールで隠しただけ...米セレブの過激衣装、「隙間が多すぎる」の声

とはいえ、そのファッションがすべての人に好評だった訳ではないようだ。11月23日にHuluで配信が始まった「カーダシアン家のセレブな日常」最新エピソードの中では、カーダシアンの娘ノース・ウェストが、この時の母親のファッションを揶揄する一幕があった。しかもそれをデザインしたダニエル・ローズベリーの目の前でだ。

どんな子どもでも、親のスタイルに不満を覚える時が来るものだ。それがたとえ、ファッションアイコンの子どもであっても。

メットガラは毎年5月に開催され、今年はファッション界の巨匠でデザイナーの故カール・ラガーフェルドに敬意を表するというテーマが掲げられた。米ニューヨークにあるメトロポリタン美術館で開催されるこのイベントで、常に注目を集めてきたカーダシアン。今年もパールをふんだんに用い、パフスリーブと長い裾が特徴的なドレスをまとって参加した。

「パールの間の隙間が空きすぎている」

カーダシアンとノースはメットガラに先立って、スキャパレリのクリエイティブディレクターであるローズベリーの元を訪れ、ドレスの試着を行っていた。だがノース(当時9歳)はドレスがあまり気に入らなかったらしく、母親に「改善の余地ありだね」と告げていたという。

「パールの間の隙間が空きすぎていた」とノースは述べ、さらにこう続けた。「母はドレスをビリビリに引き裂かれたハワイの少女みたいに見えたし、パールも偽物っぽく見えた」

ノースは上半身のパールを留める役割を果たしていたダイアモンドのチョーカーも気に入らず、カーダシアンとローズベリーに「ダイアモンドが台無しにしている感じがする」と言ったという。

これを受けてカーダシアンはノースに、「あなたは間違っていると思う」と反論。自分以外の人の気持ちを尊重することが大切だと注意した。「正直でありつつ、人の気持ちを傷つけない方法もある」と彼女は娘を諭し、さらにこう続けた。「あなたにはそのことを学んでほしい。大好きではないかもしれない、という言い方もできるでしょう」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください