1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

聖護院ダイコンを育ててみよう

NHKテキストビュー / 2021年9月19日 17時0分

京都で生まれた丸形ダイコン。柔らかいのに煮崩れしにくく、甘みもあって煮物にぴったり。おいしさだけでなく、ダイコンの形の見事さも、育てて実感しましょう。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに栽培のポイントをうかがいました。

* * *


■栽培のポイント 1 株間を十分とって大きく育てる

根部が丸々と肥大して葉も広く茂ります。品種によって生育期間や大きさに差はありますが、株間は一般的なダイコンよりも広めに、40cmはとって十分なスペースで育てましょう。

■栽培のポイント 2 早太り品種を選べばトラブル回避

品種には、早生、中生(なかて)、晩生(おくて)があります。初心者におすすめなのは、タネまき後60~70日で収穫できる早太りの早生。晩生に比べて栽培期間が20日以上短いため、暑さが収まる時期にタネまきができます。さらに、病害虫や生理障害の少なくなる秋に生育・収穫でき、冬の寒さの害も避けられます。




■栽培のポイント 3 土寄せしながら除草も兼ねる

害も少なくなるため、マルチを張らずに栽培できますが、秋とはいえ課題は雑草対策。間引きや追肥とともに行う土寄せでは、雑草を取りながら土寄せして除草も兼ねましょう。
■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年8・9月号より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング