電王戦FINAL第2局観戦記 勝又清和六段

ニコニコニュース / 2015年3月25日 17時0分

図1

三浦弘行九段が「これは寄りです」と断言した。検討した結果、Seleneがどう受けようとも、先手玉は捕まると分かったのだ。私は急いで対局場に向かった。永瀬ならこの寄せは絶対に逃さない。今、彼は、どんな表情をしているのか、間近で見ないといけない。
扉を開け、対局室に入ると、そこには予想しない事態が待っていた ‥

■対局前日

羽田空港の搭乗口で飛行機を待つ間、永瀬は落ち着かない表情していた。「阿部君と連絡が取れないんです」 阿部光瑠五段が青森から上京したとき、永瀬は真っ先に声を掛けた。以来将棋を通じて信頼しあう仲だ。永瀬は今回阿部に色々と相談していた。「Seleneは序盤に色々な手を指してくるんです。3手目までの局面が20以上もあり、とてもしぼりきれません。それで特に自信のない局面について、対策を相談したかったんですが」
高知空港に着き、バスでホテルに向かう。車中では皆携帯で王将戦第6局を観戦していたが、永瀬だけは全く見なかった。「この1ヶ月は公式戦以外はほとんど指していません。研究会は1日だけです。そして、この1週間は公式戦の棋譜も見ていません。コンピュータの将棋しか見ませんでした」

■「努力のかたまり」

鈴木大介八段に彼との出会いを聞いた。「突然将棋を教えて下さい、って連絡してきてね。分かったと言って将棋を指してね。じゃあ次はいつにするって聞いたら、「明日お願いします!」と。さすがに明日は無理って言ったら「では鈴木先生が空いている日全て教えて下さい!」ときたもんだ。そして私の将棋を丁寧に調べていてね。いやあ彼は努力のかたまりだね」

※永瀬拓矢 一番の先生・前編、後編をぜひ見ていただきたい。

・[ニコニコ動画]【電王戦FINALへの道】#64 永瀬拓矢 一番の先生・前編
http://www.nicovideo.jp/watch/1425281528

・[ニコニコ動画]【電王戦FINALへの道】#65 永瀬拓矢 一番の先生・後編
http://www.nicovideo.jp/watch/1425375596

その努力ぶりは将棋界で有名となった。ある日私の師匠の石田和雄九段と電話したとき、「永瀬君ちゅうのは四六時中将棋の勉強をしとるそうじゃないか。そうとう強いんだって?ウチの弟子達の手強いライバルになるぞ」と言われ、なんで知っているのとビックリしたことがある。
彼の観戦記を担当したときの取材で、普段なにしてるのか聞いたら、「1月は研究会と公式戦があわせて28日でした。順位戦(持ち時間6時間で終局が遅い)の前後は空けましたが。本当は元旦も2日も指したかったんですが相手がいなくて」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング