AV女優・横山美雪「職業違うだけで同じ人間でしょ?優劣はないはず」

ニコニコニュース / 2012年1月7日 19時20分

「横山美雪オフィシャルブログ」

 セクシータレントの横山美雪さんが2012年1月3日、アダルトビデオ(AV)に出演していることから「簡単に誰でも股開くんだろ」「幸せになれない」などと言われたことあると明かした上で「惨めな思いしてこの仕事してない」「職業違うだけで同じ人間でしょ?そこに優劣はないはず」と自身のブログでコメントした。この横山さんの意見に対し、ネット上では「(AVに出演していることで)幸せになれるためのハードルは高くなると思う」などの議論が巻き起こっている。

 横山美雪さんは、AVを中心に活動するセクシータレント。ドラマ『嬢王 Virgin』(テレビ東京系)や『闇金ウシジマくん』(毎日放送系)にも出演している。

 横山さんは2012年1月3日の自身の公式ブログで、「この仕事してるから『かわいそう』とか『簡単に誰でも股開くんだろ』とか『結婚できなそう』とか『幸せになれない』とか、どこの誰か知らないひとに言われたことある」とコメント。その上で、次のような意見を表明している。

「そんなの仕事のせいじゃない。惨めな思いしてこの仕事してるんじゃない。恥ずかしいとか思ってない」
「結婚だってできると思うし、子どもだって幸せにできるさ。だってみんなと同じ人間でしょ?職業違うだけで同じ人間でしょ?そこに優劣はないはず」

 横山さんのこうした職業意識・価値観に対して、インターネット上では、「お世話になってるのは事実だけど幸せになるためのハードルは高なると思うよ」「職業が違うだけでって言うけどさ職業って重要度の高いファクターだよね」といった議論が巻き起こっている。

 AV出演経験者に対する偏見が世間にないとは言えない。しかし、横山さんの意見のように、どのような職業でも働いているのは「同じ人間」であり、そこに「幸せ」の価値観について、優劣をつけることは難しいのではないだろうか。あなたはどのように思うだろうか。

◇関連サイト
・改めまして自己紹介 - 横山美雪オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/yokoyama_miyuki/archives/1511083.html

(松本圭司)



【関連ニュース】

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング