福島第1原発3号機は核爆発した!? 政府、東電の見解は

ニコニコニュース / 2012年1月11日 10時46分

東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理

 東日本大震災直後の2011年3月14日11時01分、東京電力福島第1原発3号機で起きた爆発を巡って、「水素爆発に続いて核爆発が起こった」との証言が飛び出した。この発言が日本原子力安全基盤機構(JNES)の元原発検査員によるものであったことから「3号機核爆発説」が再び注目を集めることとなった。

 3号機の爆発はなんだったのか─。細野豪志原発事故担当相は2012年1月6日閣議後の会見で、「3月14日11時の3号機の爆発は水素爆発だったというのが、今のところ政府の統一見解だ」と語った。一方で、「核分裂反応そのものは自然核分裂も含めて常に起こっている状況には当時はもうなっていた可能性はある」とも述べた。

 大臣発言でも明らかなように、どんな爆発であったのかは現時点ではすべて「推定」。事実の解明は、さらに先であることがあらためて浮き彫りになった。

■政府、東京電力は「使用済み燃料プールは事故前の状態を維持」との見解

 3号機で核爆発が起こったと証言したのはJNESの元原発検査員である藤原節男氏。藤原氏の証言を要約すると、3号機の爆発は建屋5階にある使用済み燃料プールで起きた。「燃料プールの冷却水が少なくなり、ジルカロイ・水反応で水素が発生。燃料被覆管が溶けて小出力で臨界状態となり水が沸騰し、プール水面上方で水素爆発。次にその圧力等の影響で、一気に核分裂の反応度が高まり、即発臨界の核爆発が起きた」という。

 藤原氏が指摘する瓦礫が大量に沈む燃料プールについて東京電力・松本立地本部長代理は6日午後の会見で、「プールの水の分析では、セシウムが10の5乗ベクレル/立方センチメートル程度検出されているが、これは空気中に放出された放射性物質がプール水に溶け込んでいるものと推定している。使用済み燃料が破損していればもっと濃い状態である」ため、「被覆管等が損傷して中身が出ているというような状況ではない」とし、これを理由に「使用済み燃料プールに貯蔵されている使用済み燃料については、ほぼその状態を維持している」との見解を示した。

 経済産業省原子力安全・保安院の森山善範原子力災害対策監も同日午後の会見で「少なくとも去年の4月、5月くらいに調査した段階では使用済み燃料プールに含まれている放射性物質は原子炉側からのものであると推定することが合理的ではないかといったことを検討していた」と口を揃えた。

■立ち上る黒煙とキノコ雲、複数回の爆発音はどう説明?

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング