ニコ動、福島原発の敷地内に立ち入り取材へ 「カメラにおさめた映像をあますことなく公開」

ニコニコニュース / 2012年2月18日 16時46分

福島第1原発の立ち入り取材をするニコニコ動画の七尾功記者

 事故後2度目となる福島第1原発の敷地内の取材受け入れが2012年2月20日におこなわれる。昨年11月12日の受け入れ時と同様、参加人数が制限されているが、前回との大きな違いは、参加対象となるメディアに、新聞やテレビなどのマスメディアに加え、インターネットメディアが加わったことだ。

 ネットメディアから取材に入るのは、ニコニコ動画とIWJ(岩上安身代表)の2媒体。敷地内では防護服(タイベック)と全面マスクを着用し、バスに乗車して移動するが、あらかじめ指定された降車ポイントでは、15分ほど外に出て取材できる。ネットメディアの魅力である生中継は東電側から許可されなかったが、撮影された映像は同日中にニコニコ生放送とUSTREAMで配信されるという。

 ニコニコ動画を代表して福島第1原発に入る七尾功記者は、

「今回初めてネットメディアが入ることになったわけだが、フリーランスは取材の機会が与えられなかった。その意味でも我々の責任は重大だ。取材にあたってはカメラに収めた映像をあますことなくいち早く公開し、オン・サイトの現状をユーザーの皆さんと入れなかったジャーナリストらと共有したい。また、生中継が認められなかった点も今後の大きな課題。ノーカット・リアルタイムで伝える、ネットメディアの特性を発揮できるよう、交渉を続けていきたい」

と意気込みを語る。

 また、当日ネットメディアを代表して撮影するニコニコ動画の川合亮輔カメラマンは、

「福島第1原発は、日本だけの問題じゃない。世界や、未来へもつながる問題だ。数少ない外部に伝える『目』としての役目を自分が担えるのは光栄であり、使命感もある。震災からまもなく一年経とうとしている今、人と科学技術の関係をもう一度考えるきっかけとなるものを世の中に伝えられればと思う」

と話している。

 ニコニコ動画では、立ち入り取材当日の20日午後、福島第1原発の敷地内で撮影した映像をノーカットで放送する予定だ。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]2月20日14:15~ ノーカット放送 福島第1原発の現状 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv81820555?po=newsinfoseek&ref=news
・[ニコニコ生放送]2月20日21:00~ ニコニコニュース取材班からの報告 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv81820555?po=newsinfoseek&ref=news

(山下真史)



【関連ニュース】

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング