「ツイッターを通じて出会った人たちに支えられた」復興への思い 被災地高校生・福田順美<インタビュー「3.11」第5回>

ニコニコニュース / 2012年3月5日 15時39分

岩手県陸前高田市の高校生の福田順美さん(左)と母の操さん

 岩手県陸前高田市の避難所で暮らしていた高校生3年生・福田順美(なおみ)さんが、ツイッターで被災状況や物資の支援を訴える発信を始めたのは、震災から1ヶ月経った2011年4月半ばのことだった。消防団員である父がツイッターを通じて物資の支援を呼びかけていることを知ったのがきっかけだ。震災前もツイッターを利用していたが、「ツイートをしても反応がなく、あまり面白くないと思っていた」という。

 「どうか残ったいのちを助けてください。これからを担う子供たちを見守ってください。お願いします」――。昨年4月16日、順美さんはツイッターでメッセージを発し始めた。順美さんは、被災状況や必要な物資について、つぶやいてみた。すると、そのつぶやきは被災地・陸前高田の情報を集めている人々によってだんだん拡散されて、やがて彼女のツイートには返事をしきれないほどの返信が集まるようになった。

 物資も続々と届けられるようになった。避難所の衛生状況などをつぶさに報告すると、詳しい人がアドバイスをくれるケースもあったようだ。こうしたやりとりは、6月に順美さんが避難所を出るまで頻繁に行われた。

 ことし2月上旬、筆者は、陸前高田市の仮設住宅で暮らす順美さんの元を訪れ、震災当時の話やツイッターに込められた思いなどについて聞いた。

・東日本大震災 3.11 特集
http://ch.nicovideo.jp/channel/311

(寺家将太)

■震災後のPTSDから救った『一緒にいるよ。一人じゃないよ』

 順美さんの故郷である陸前高田市は昨年3月11日の東日本大震災による津波で甚大な被害を受けた街のひとつ。津波は5メートルの堤防を乗り越え、名勝「高田松原」の松7万本をなぎ倒し、平野部に広がる人口2万3千の市街地を押し流した。2012年2月27日現在、陸前高田市の死者・行方不明者は合わせて1800人以上にのぼる。

 津波は、順美さんの幼なじみや親しい友人、先生、さらに家で飼っていた4匹の犬と1匹の猫の命をも奪った。

「あのとき足がすくんでいなければ、家にペットを助けにいけたかもしれない。もしかしたら誰か一人でも救えたのではないか・・・」

 震災後、順美さんは自分を責めた。津波が街を飲み込む光景を目の当たりにし、恐怖心もずっと消えない。取材無力感、虚無感にさいなまれ突然涙があふれ出す。昼夜を問わずフラッシュバックに襲われ、寝ても津波の悪夢で目が覚め、眠ることもできない日が続いた。発災から3ヶ月後、順美さんは次のようなツイートをした。

「ちょっと告白です。津波後、実はPTSD(心的ストレス障害)から鬱になりました。今は3種類の薬と1種類の頓服薬をのんでいます。(中略)たくさんの方々が無くなった中助かることができた命を粗末にするべきではないことは、自分でもわかっているのですが・・・(6月20日)」

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング