「"間違いを伝えることでパニックになること"を恐れた」 内閣審議官・下村健一<インタビュー「3.11」第11回>

ニコニコニュース / 2012年3月11日 14時15分

内閣審議官の下村健一氏

 未曾有の被害を出した東日本大震災から2012年3月11日で1年となる。この間、日本では、政府のトップである首相が交代した。一方で、福島第1原発の事故処理や被災地の復興などは遅々として進まず、問題が山積したままだ。

 震災が起こった2011年3月11日の翌日、当時の菅直人首相はヘリコプターに乗って上空から被災地を視察した。「首相が現地を見なければ、あんなに早い自衛隊の10万人出動はなかったかもしれない」。菅首相の視察に付き添い、その模様を映像に収めた内閣審議官の下村健一氏はこう回想する。

 下村氏は、大学時代に「市民メディア」を志し、都市型ケーブルテレビ「町田市民テレビ」のスタッフとして開設準備に携わった。また、TBS時代には、松本サリン事件の報道などで活躍し、退社後、市民メディア・アドバイザーとして活動。2010年10月、菅首相の政治任用で、広報を担当する2年契約の内閣審議官として内閣広報室に入った。

 どうすれば分かりやすく情報を伝えることができるか――。下村氏の根底には一貫して市民メディアへの思いが流れている。しかし、「政府のやりたいことを国民に分かりやすく伝える」という自身の今の職務について、「まだ結果は出せていない」と語る。

 「永田町に市民メディアを作りに来た」男は、東日本大震災と福島第1原発事故を官邸からどのように目撃し、その目は何を捉えたのか。また、震災から1年経っての課題は何か。下村氏に話を聞いた。

・東日本大震災 3.11 特集
http://ch.nicovideo.jp/channel/311

(聞き手:七尾功)

■3月11日、官邸が大型客船に乗っているように揺れた

――昨年3月11日、東日本大震災が発生したその時、菅直人首相(当時)は国会にいました。下村さんはその時、どこにいたのですか?

 官邸です。参与の1人と話をしている時に揺れが来ました。とても頑丈な官邸が、大型客船に乗っているような感じで揺れました。大きく、ゆたー、ゆたーって。とにかく普通の地震の揺れじゃなかったので、「これは只事じゃない」と思い、すぐに総理秘書官室へ駆け上がりました。あっという間に総理が国会から戻って来て、もうそこから先は時間の感覚がないですね。3日間くらいは、ほとんどずっと起きていました。

 菅さんも、枝野さんも、僕らもそうだけれど、人間ってこんなに寝なくても大丈夫なんだって驚くくらい寝る時間がなかったです。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング