オセロ中島騒動は他人ごとじゃない 作家・岩井志麻子が語る「洗脳」の恐ろしさ

ニコニコニュース / 2012年4月9日 11時43分

作家・岩井志麻子さん

 お笑いコンビ「オセロ」の中島知子さんが、自称占い師の女性からマインドコントロールを受けていたとされる騒動。「他人事とは思えない」と話すのは、作家の岩井志麻子さんだ。岩井さん自身もかつて、占い師の女性に「洗脳」されて苦しみ、その経験をこれまで何度も小説に描いてきた。2012年4月6日には、一連の作品を収録した「あの女」(メディアファクトリー)を出版、その巧妙な手口や、マインドコントロールの恐ろしさを独自の筆致でつづっている。誰もが陥る危険性のある罠。心の隙間につけこまれないためにはどうしたらよいのか、岩井さんが語った。

■私を洗脳した「あの女」は偶然を装いやってきた

 岩井さんが「あの女」と呼び、小説に度々登場させてきた女性との出会いは、7年前にさかのぼる。偶然を装って岩井さんに近づき、ファンだったことをアピール。「岩井さんと同じマンションに住んでいる。これは運命の出会い」、「自分は優秀な編集者でマスコミや政財界に人脈がある」といった嘘を並べ、岩井さんのスタッフとして雇われた。

 ところが、女性はスケジュール管理の甘さや事務処理の滞りが目立ち、すばらしい触れ込みに反して仕事ができない。さらに、自分には霊感があると言って、「岩井さんの夫には悪い霊がついているので別れたほうがいい。その霊は夫が昔、殺した女だ」などと脅して岩井さんを疑心暗鬼に陥らせ、家族や友人から孤立させようとした。

 やがて、女性の虚言や不審な行動によって岩井さんの周囲にはトラブルが絶えなくなり、岩井さんや家族の心の状態にも悪影響が出てしまった。しかし、ある知人からの助言をきっかけに岩井さんは現実に引き戻され、思い切って女性を解雇したことで「洗脳」は解かれたという。

 調べたところ、華麗な経歴や岩井さんと同じマンションに住んでいたことも全て嘘で、岩井さんと知り合った直後、急いでマンションへ引っ越してきたことも分かった。獲物として狙われていたことを岩井さんが知ったのは、かなりの大金を給料として女性に支払った後だった。女性と決別できた岩井さんは、体験を現代の怪談として作品化、「あの女」シリーズと呼ばれて人気となっている。そして現在、「あの女」は驚きの展開を迎えている。

■「結婚してくれるかどうかは、占い師じゃなくて彼氏に聞け」

「その女性は今、電話をかけると1分200円とかで占いをしてくれる、電話専門の占い師になっています。彼女の虚言は長くは人を騙せませんが、瞬間風速的に口がうまいので人気のようです」

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング