ネット配信者の原点にして頂点......いや底辺? 古参配信者のカリスマ・永井先生インタビュー

ニコニコニュース / 2016年9月12日 11時0分

ニコニコニュース

 ゲーム実況、ニコ生主、YouTuberなどの先駆けとなったネット配信者が「永井先生」だ。その名前は知らなくても「なんぞこれ」という言葉をネット中に広めた人、といえばピンとくる人もいるのではないだろうか。

 活動の歴史は古く、まだ動画配信などの文化がなかった「2ちゃんねる時代」に遡る。ネットに広く名が知られるようになったのは、動画配信システム「PeerCast」の人気配信者となり、ニコニコ動画黎明期に配信の録画が転載された頃。元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏が「ニコニコ動画の面白い動画」として言及したり、しょこたんのブログや漫画『GANTZ』に「なんぞこれ」といったセリフが登場するなど、当時のネット配信者としては極めて大きな影響力を持つ人物として話題になった。

 放送スタイルは、パチスロと雑談。そして絶望的に下手くそなゲーム配信。本名やプライベート、性癖まで何もかもをさらけ出すオープンなスタンスで、リスナーから送られた大量の金品をほぼ全てパチスロに注ぎ込んで暮らす「38歳児」だ。一時は「型枠大工」の見習いとして働いていたが今は辞め、配信に専念。本人は「IT社長」などと名乗る事実上の無職である。

 今なお常時接続で連日数千人規模のリスナーを抱える人気配信者だが、メディアへの露出は驚くほど少ない。ネット上で人気になった配信者が公式放送に出るなど、表舞台に進出するのが当たり前になった今でも、「顔出しなしの長時間垂れ流し放送」といった古風なスタイルを貫いている。

 暴言、失言の類も数えきれないが、そのトークスキルはこれまでのネット配信者の中でも稀有なもの。そんな永井先生のあまり隠されていない素顔(配信で何もかも喋ってしまうため)に迫るべく、愛媛県伊予市の自宅まで行って話を聞いてきた。

取材・文/たろちん

すべての写真付きでニュースを読む

■初めての放送は「Yahoo!チャット」

――永井リスナーの1人としてお会いできて嬉しいです。今回は、今までメディアにほとんど露出してこなかった永井先生の活動について、しっかり記録して後世に残す機会にしたいと思っています!

永井浩二氏(以下、永井氏):
 そんなん、残す意味がないですよ、マジで(笑)。

――今でこそ、ニコニコ動画やYouTubeから人気の配信者などが出てきていますが、永井先生はその先駆け的な存在ですよね。ネットで活動を始めたきっかけは?

永井氏:
 きっかけは完全に「モーニング娘。」ですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング