ニュースソースは極右と極左? トランプ勝利を見事にあてた78歳木村太郎のネット生活

ニコニコニュース / 2017年1月10日 11時0分

 毎回、様々な分野の専門家をゲストに迎え、話題のニュース・事件などを語る「モーリー・ロバートソンチャンネル」。

 今回のゲストはアメリカ大統領選挙でトランプ勝利を見事に当てたと木村太郎氏。「CNNの裏を取るにはドラッジレポートを見なければならない」など、極左と極右のニュースソースでバランスを取るネットリサーチ方法について、同じくネットを主な情報源とするモーリー・ロバートソン氏と語った番組、『木村太郎×モーリー「激動の2017年を大予想 〜トランプ大統領と日本〜」』が放送された。

すべての写真付きでニュースを読む

今の記者生活の中心は、テレビではなく東京新聞の100行コラム

モーリー:
 フジテレビが今は拠点というかんじですか?

木村:
 テレビではフジテレビをベースにしてやってますけれど、僕の記者としての活動は東京新聞に毎週日曜日に100行くらいのコラム書いているんですね。これが実は一番大変なんです。

 名前は「国際通信」。つまり論評じゃないんですよね。新しいことを伝えるなにか。ということは、東京新聞の外報部も書いていないようなこと、あるいはよその新聞社も書いてないような面白いネタをどこからか引っ張り出してきて、100行で読者に読んでもらえるようなもの仕立てる。これ難しいですよ。

モーリー:
 難しいですね。

木村:
 それをやるんで、これは今の時代だったらネットに頼るしかない。それでずーっとネットの情報ってものの検索をやり続けてきて、これが実は大統領選挙でものすごく役に立った!

モーリー:
 東京新聞のコラムの作業がずいぶんと下地に、ストックになっていったという。

木村:
 その新聞のテーマを探すたびに、もう本当にネットをダーッと半日くらいかけて毎日いろいろ読みまくるわけです。

モーリー:
 そうなんですね。

木村:
 その中でビャッとひらめいたものを百行に拡大するんですけど。

モーリー:
 あの、ちなみに、なぜ東京新聞なんでしょう。東京新聞というとすごくね、スペクトラムの中では真左という印象があったりするんですが。

木村:
 それで真右のコラムがあるわけですから。そういうのがいいんじゃないですか(笑)。

モーリー:
 副主幹の長谷川さん【※】もどちらかと言えば右。

※東京新聞の論説副主幹の長谷川幸洋氏。ジャーナリスト。
「そこまで言って委員会NP」レギュラーなど。

木村:
 (長谷川さんとは)仲良いですよ。

モーリー:
 わかる(笑)。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング