「初音ウシ」「モウモウマン」 和牛ヒーローの名前募集に寄せられた珍名の数々

ニコニコニュース / 2012年6月19日 20時30分

「ヒーローの名付け親に和牛1年分」の記事を読み上げる野口香織キャスター

 「ヒーローの名付け親になれば、一年分の高級牛肉が手に入る」。そんな食欲をそそるニュースを聞いた視聴者から、続々とヒーローの名前が寄せられた。しかし、その名前は「初音ウシ」「モウモウマン」など不思議な物ばかりだった。2012年6月19日に放送されたニュース番組「夕刊ニコニコニュース」の一場面だ。

・[ニコニコ生放送]夕刊ニコニコニュース 6月19日(15分間) - 会員登録が必要(無料)
http://live.nicovideo.jp/lv95049165?po=newsinfoseek&ref=news

 「JA鹿児島県で、黒牛ヒーロー名募集 採用されると黒牛1年分」(ねとらぼ)の記事によると、鹿児島県のブランド牛「鹿児島黒牛(かごしまくろうし)」をPR施策の一環として、この牛をモチーフにしたヒーローが誕生したという。実は、鹿児島県は和牛の生産数で日本一を誇る和牛王国なのだ。

 このヒーローは、鋭い角に大きな鼻輪、牛のマスクをかぶり、黒いボディースーツに身を包んでいる。農業団体の「JA鹿児島県経済連」では、彼の名前を特設サイトで募集しており、もし採用されれば、きめ細かな美しい霜降り肉で、まろやかなコクとうま味が特徴の鹿児島黒牛1年分が贈呈されるという。

 「みなさんだったら、どんな名前をつけますか?」と、野口香織キャスターに問われると、視聴者からは、

「クロイデス」「牛田牛夫」

「ギュウニクン」「牛角さん」

「黒牛マン」「牛魔王」


など、不思議な名前が数多く寄せられた。中でも多かったのは、「バッファローマン」という名前だったが、これは人気アニメ「キン肉マン」に登場するキャラクターなので、残念ながらボツだろう。「うしじまいい肉」も、実在の人物なので同じくNGだ。

 野口キャスターは「ニコニコニュース編集部でも本気で検討した」と、「黒っしー」「黒牛丸」「ウシオ」などの候補を挙げたが、視聴者からは逆に「しょぼい」「安直すぎる」と失笑を買うハメになってしまった。

■2012年6月19日放送分の番組で採り上げたニュース

  夕刊ニコニコニュースは、毎週月曜日から金曜日まで放送中。ニコニコニュース編集部の特設スタジオから送る15分間の生放送番組だ。ニコニコニュースに配信されたニュースの中から選りすぐりのものを、吉野キャスターと野口香織キャスターの2人が日替わりで紹介している。

  この日の番組では、「JA鹿児島県で、黒牛ヒーロー名募集 採用されると黒牛1年分」(ねとらぼ)以外にも、「JASRAC菅原理事長、違法ダウンロード刑事罰化に「反対はしない」」(ITmedia ニュース)の話題や、「AIJ浅川社長ら4人逮捕=年金資産70億円詐欺容疑―全容解明へ・警視庁」(時事通信)などのニュースが紹介された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング