湘南で保護されたアザラシが死亡 「かわいそうに」と悲しみの声 

ニコニコニュース / 2012年6月21日 21時0分

「アザラシが亡くなった」と伝える野口香織キャスター

 台風の近づく湘南の海岸で見つかり、新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)に保護されていたオスのアザラシが、2012年6月21日正午ごろに亡くなった。同日放送の「夕刊ニコニコニュース」で、野口香織キャスターが保護3日目でのアザラシの訃報を伝えると、「あの笑顔に癒されたのに・・・」「かわいそう」と、視聴者から悲しみの声が寄せられた。

・[ニコニコ生放送]夕刊ニコニコニュース 6月21日(15分間) - 会員登録が必要(無料)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv95049255?po=newsinfoseek&ref=news

 新江ノ島水族館は、藤沢市の海岸で保護したアザラシ1頭が21日正午頃に死亡したと、ホームページで発表した。死亡したアザラシは、体長およそ1メートル、体重30キログラムの若いオス。日本海やオホーツク海などに生息する「クラカケアザラシ」か「ワモンアザラシ」のいずれかと見られている。

 一昨日の6月19日、台風4号が接近する湘南の海岸で弱っているところを見つかり、新江ノ島水族館に保護されていた。しかし収容後に用意されたエサをほとんど食べないまま衰弱が進み、21日の正午ごろ、死亡が確認された。血液検査の結果、感染症にかかっていた可能性が高かったことが判明した。

 この訃報を受けて野口キャスターは、その死を悼むように自らが描いたアザラシの似顔絵を公開した。

「特徴は、マロ風のまゆげ、あどけないお顔、子供だったんでしょうか。そして、白い体。あごには、怪我をしていたようです」

 怪我をしたあごに絆創膏を貼ったアザラシの似顔絵。それを見た視聴者からは、改めて「かわいかったよな」「かわいそうに」と、死を悼むコメントが寄せられていた。

■2012年6月21日放送分の番組で採り上げたニュース

 夕刊ニコニコニュースは、毎週月曜日から金曜日まで放送中。ニコニコニュース編集部の特設スタジオから送る15分間の生放送番組だ。ニコニコニュースに配信されたニュースの中から選りすぐりのものを、吉野智子キャスターと野口キャスターの2人が日替わりで紹介している。

 この日の番組では、「神奈川で保護のアザラシが死亡」以外にも、「違法ダウンロードに刑事罰・著作権法改正で何が変わるか 壇弁護士に聞く」(ITmedia ニュース)の話題や、「そのまとめ、転載だよ。知らないのかい? 悪質な『転載まとめ』に非難の声 リツイート数は元記事の40倍」(ねとらぼ)などのニュースが紹介された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング