「メイドインアビスは10年後も残り続ける超大作」評論家が大絶賛する理由って?

ニコニコニュース / 2017年10月12日 12時0分

ニコニコニュース

 10月1日に放送された『岡田斗司夫ゼミ』では、この夏に放送されたアニメ『メイドインアビス』について岡田斗司夫氏がコメントしました。

 「この夏のアニメの中で、唯一、10年後も残り続ける超大作だ」と、今作を大絶賛した岡田氏。さらに、「この物語は『主役が幼いキャラクター』だったからこそ実現できた」とも述べましたが、その理由は何なのか、実際のアニメのシーンを使って、『メイドインアビス』の魅力について解説しました。

※本記事には『メイドインアビス』のネタバレを一部、含みます。ご了承の上で御覧ください。
―関連記事―


『Re:ゼロから始める異世界生活』はどうやって楽しめばいいの? という素朴な疑問に答えてみた

『干物妹!うまるちゃん』作者が衝撃発言。「母がアシスタントを...」巨乳キャラのトーンを母親が貼るってどんな気持ち!?

すべての写真付きでニュースを読む

ファンタジーの中にある"リアルな生活"が生々しく、面白い

岡田:
 「この夏面白かったアニメベスト10」というものを見たら、1位が『ようこそ実力主義者の教室へ』で、「えー!?」と思いました。1位は間違いなく『メイドインアビス』だと思っていたのに、なんと20位のところに『メイドインアビス』って書いてあって(笑)。いやあ、普通の人はそうなのかもわかんないな、と思いました。

岡田:
 まず、『メイドインアビス』の何が凄いのかというと、原作の漫画がめちゃくちゃ面白いんですね。そして、アニメが原作を追い越しているんですよ。

 漫画で出来て、アニメーションで不得意なこと、というものがあります。例えば、内面描写や心理描写というものを、漫画の場合はごく自然な独り言のような、いろいろな字体で書くことができる。しかし、アニメの場合は、それを声優さんがセリフとして言って、そのニュアンスで伝える、ということしか出来ないので、内面的なことはアニメーションよりも漫画の方が得意なわけです。

 それに対してアニメーションの方は、"カラーを使う""動きを見せる"ということが可能。美しいものを見せられるということに関しては、アニメの方が良いと思っています。

 『メイドインアビス』は、おそらく今の文明が崩壊した後の世界で、地球に"アビス"という直径1㎞ほどの深い穴が開き、そこから不思議な物がいろいろ発掘され、それで生活している人がいる、という世界観です。

岡田:
 主人公たちがいる幼稚園のような所は、そのアビスの近くで拾われた子供達が育てられ、アビスの中に潜り、中から物を取って来て、その幼稚園の売上に寄付することで、全員が生活をしているという、なかなかリアルな世界なんですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング