「メイドインアビスは10年後も残り続ける超大作」評論家が大絶賛する理由って?

ニコニコニュース / 2017年10月12日 12時0分

 ただ、そのアビスの中というのは、1千メートルくらい潜ったら、"上昇負荷"というものがかかる。つまり、上がってくる時に身体に何かしらの悪いことが起こるのです。それが千メートルくらいだったら、咳が出るくらいで済むのですが、深くなればなるほど、上がってくる時に、目から血が出る、人間の形を保てなくなるなど恐ろしいことが起こる。これを「アビスの呪い」と呼んでいるんですね。

良い作品かは"日の光"でわかる

岡田:
 そんな恐ろしい場所であるにも関わらず、いろいろな価値があるものだから、その周りには人間がいっぱい暮らしている。普通の世界のように、朝日も昇る。これはエンディングの一部の画なのですが、優れた映像というのは、横から光が入るだけでそれが朝か夕方かがわかるのです。

岡田:
 朝日と夕日というのは、見た目にもそっくりなのに、演出の描き方によって、それが明らかに希望的なものなのか、感傷的なものなのかがわかるんですね。『メイドインアビス』は、街の左半分はまだ真っ暗な闇に閉ざされているが、反対側は光がどんどん当たってきて、「希望に溢れた朝が来る」ということを暗示している。これがストーリー全体のテーマで、わかりやすいんですよね。

 かつて『天空の城ラピュタ』でも、スラッグ渓谷という所に、主人公のパズーがラッパを吹いて朝日が入るシーンがあって、なぜ宮崎駿さんがあれを描いたかというと、産業革命当時、子供が働かなければいけないような、過酷な状態の中でも、「こんな谷の奥にも朝が来て、朝日が周りを輝かせているんだ」「この世界はきれいなんだ!」

 というように見せることで、その世界の美しさを描こうとしたんですね。これができるアニメというのは、やはり優れているものなんです。『君の名は。』もそうなんですね。『君の名は。』を見ていると、現実の新宿よりきれいなんですよ(笑)。

岡田:
 『SLAM DUNK』のオープニングを見ても、実際の湘南の電車の踏切よりもずっときれいに描いている。それは画の力なんですね。画というのは、写真ではなく、きれいに描いても嘘にならないし、作り手側には「こういう風に見えている」というメッセージになるんですよ。

 『この素晴らしい世界に祝福を!』は、主人公がハーレム状態で、駄目な冒険している第1シーズンがとても好きで。その理由は、スタッフに恵まれないし、画もそんなに上手くないんだけども、夜明けのシーンとかで、あえてそれを描こうとしているんですよね。『Re:ゼロから始める異世界生活』も、きれいで美しいものを描こうとしているんですよ。

 ところが『異世界はスマートフォンとともに。』はそういったシーンが一切ない。「この世界が素晴らしい」というものがなくて、きれいなお城、部屋、女の子、というのはあるんですけども、その世界全体を称賛する、ということを肯定的に描いていない。

 そうでなければ、見ている人間が救われない、というところがあるんですね。なので、そういうのをしっかり描いているのは、僕はすごく信頼できることだと思うんですよ。

次のページ »『メイドインアビス』は、なぜ幼児画で描かれるのか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング