「民主主義の対義語は沈黙である」地下鉄サリン事件後のオウム真理教ドキュメンタリーを、マスメディアの同調圧力に抗った堀潤が語る

ニコニコニュース / 2017年10月17日 12時0分

ニコニコニュース

 北朝鮮の最高指導者・金正恩の素顔を描いたドキュメンタリー『金正恩 ~禁断のライフヒストリー(The Last Red Prince)』や週刊文春のスクープの裏側を描いた『直撃せよ! ~2016年文春砲の裏側~』など、テレビでは放送できないような衝撃作や問題作も含め、見たことのないドキュメンタリーを厳選してお届けする「ニコニコドキュメンタリー」。

 そんなニコニコドキュメンタリーの新たな企画として、著名人がお勧めのドキュメンタリー作品を紹介する企画を開始。第二弾は、市民記者が最新情報を投稿するニュースサイト「8bitnews」を運営する堀潤氏。同氏が紹介するのは、サリン事件後のオウム信者や教祖の家族の日常を追ったドキュメンタリー映画『A』『A2 完全版』。同作品を通じて、監督・森達也氏はいったい何を伝えようとしたのだろうか。

すべての写真付きでニュースを読む

民主主義を成熟させるには、一人一人の発言・議論が必要

 「民主主義の対義語は独裁か」。いや、私は沈黙だと思っている。おかしいことをおかしいと言えず躊躇し、黙ってやり過ごしたり、そうした声を未然に刈り取ってしまうために無言の圧力をかけたりと、沈黙の空気は多様性ある闊達な議論を阻害する最大の有効手段でもある。

 独裁の実態は沈黙だ。自戒の念を込めて告白するが、薄々気がついていながら日々の平穏を優先させ、無関心を装いたくなることが私にも時々ある。無知であることは恥ずべきことだとは思わないが、他者の困惑や自分の疑問に対して無視を貫くことは、劣化した心の醸成を招く愚かな行為だと情けなく思うことがある。

 未完と言われる民主主義を成熟させるためには、参加者である我々が目をそらさずに発言し、時にぶつかり議論を続けることを怠ってはならないとも肝に命じているが、沈黙を欲するもう一人の自分は常に私の隣に立っている。

 対立を避けるために言葉を飲み込み、無言のうちに互いの欲求を察し、緩やかに決定し実行に移していく。これは「慮りだ」と自分を正当化してみたりもするが、本音はただの保身。うまくいけば美談だが、問題が起きるとそれは責任の押し付け合いとなり醜聞に発展する。忖度という言葉で括ってしまっては、語りつくせぬほどのどろどろとした業を抱えて生きていることを常に警戒している。

 NHKに在籍しながら自らの組織の報道姿勢を時に批判的に発信し、上司とぶつかり退職の道を選んだのは、そうした警戒心が絶頂に達したことが原因だ。原発事故後に一時局内を覆ったことなかれの空気は、まさに沈黙を求めるもう一人の自分からの誘惑そのもののように感じたからだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング