「完成度より伸びしろと可能性で選びました」――"ラストアイドル騒動"で炎上の吉田豪氏が事の全容を語る

ニコニコニュース / 2017年10月25日 12時0分

ニコニコニュース

 アイドルオーディション番組『ラストアイドル』にて、審査員を務めた吉田豪氏のジャッジに対して、ネットでは「一番かわいい子が吉田豪のジャッジでクビになった」など賛否両論の炎上騒動になっています。

 番組終了後、吉田豪氏に選ばれなかった長月翠氏は「今回負けたら、これをラストチャンスだと思っていたのでアイドル辞めます」とコメントをし、選ばれた蒲原令奈氏は男性とのツーショット写真がネット上に出回ったりと炎上の勢いはまだ冷めません。

 これを受けて『タブーなワイドショー』では、炎上の渦中に居る吉田豪氏が久田将義氏とアイドルの絵恋氏に今回の騒動の全容を解説しました。

すべての写真付きでニュースを読む

―関連記事―


『地下アイドル運営・本当にあったヤバい話』闇社会との関わりを吉田豪が語る

AV女優の発言を無断掲載した書籍『名前のない女たち』が映画化で炎上。著者「中村 敦彦氏」について吉田豪らがコメント

アイドルだけでなく、審査員にとっても残酷な番組

久田:
 昨日くらいから僕のタイムラインがラストアイドルとか吉田豪にずっと占拠されていて、1回だけ吉田くんをミュートしました。ちょっとうるさいと思って(笑)。

一同:
 (笑)

吉田:
 僕も朝くらいで止まるかと思ったらまだ続いている。検索ランキング上位3位を独占しましたからね。

久田:
 ラストアイドルは電撃ネットワークのギュウゾウさんがちょっと炎上した感じなんですよね。

吉田:
 審査員のギュウゾウさんが前に出て、ひとりだけ違う女の子を選んでプチ炎上したことがあって......僕がそのあとギュウゾウさんと一緒に出たんですよ。番組を説明するとラストアイドルというのは暫定メンバーが7人いて、アイドルとの兼任も可能という条件でいろんな人たちが挑戦者としてやってきて、1対1のバトルをして審査員が勝敗を付けるんです。

 僕が言っているのは、アイドルにとって残酷な番組だと思っていたけど、審査員が4人いる中で審査する人間が選ばれるという審査員にとっても残酷な番組だということですよね。呼ばれて、全くしゃべらないということもあるんですよ。俺はなんでここ来たの? という時もある。選ばれたら、選ばれたでリスクだけ高い。

 秋元康さんはAKBでずっと残酷なことをやってきて、かわいい子を次々入れるようにしたというやり方をしている中で、残酷な要素の面白さを知っている人なんです。でも残酷なことをやりながらうまい逃げ道を考えたというか、審査員が矢面に立つやり方を考えたんですよね。「俺が残酷なことをさせているわけじゃない」という。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング