動画アワード2011審査員賞受賞・手妻師、藤山晃太郎「ニコ動も伝統芸能も、わかる人同士で盛り上がるハイコンテキストカルチャー」<うp主インタビュー第2回>

ニコニコニュース / 2012年7月6日 15時0分

ニコニコ動画で人気の曲を邦楽のプロが本気で演奏

 日本の伝統芸能とニコニコ動画。まったく異なる世界の融合が、そこにあった。2011年の1月から3月にかけ、ニコニコ動画に投稿された作品のなかで、最も素晴らしかった動画を決定する「動画アワード2011(春)」で、審査員賞を受賞した「仏曲演奏『法界唯心』」。三味線や笛など一流の邦楽演奏家たちが、ニコニコ動画で人気の同人ゲーム「東方Project」の音楽を演奏したもので、多くの視聴者がその"大人の本気"に驚嘆した。

 この動画の仕掛け人は、"手妻師(てづまし)"藤山晃太郎(ふじやま こうたろう)さん。彼が継承する手妻(てづま)とは、江戸時代より以前から、口伝によって受け継がれてきた伝統的な奇術で、文化庁によって選択無形文化財にも指定されている由緒正しき分野だ。一方で、自らニコニコ動画のヘビーユーザーであると語る藤山さんに、伝統芸能を今に伝えていこうとする想いを聞いた。

(聞き手・森田浩明)

・[ニコニコ動画]仏曲演奏 『法界唯心』 - 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13449139

■「伝統芸能と異文化の橋渡しをしていければ」

――2009年、藤山さんが初めてニコニコ動画に投稿されたのは、『【新ジャンル】ダブルラリアット 回ってみたでござる【回ってみた】』という作品でした。これは、音楽に合わせてサーカスなどで使われる大きな一輪、「シルホイール」でご自身がダイナミックに回るという動画で、現在45万回再生と人気です。その制作のきっかけは?

 自分のオリジナル芸で、「金輪舞」(手妻の伝承芸の一つ「金輪の曲」にシルホイールの演舞を追加したもの)があります。ニコニコ動画で人気のあった「ダブルラリアット」という楽曲作品が、そのコンセプトにぴったり一致していました。歌詞の「振り回しますので」とか、「動き回りますので」というキーワードが、自分も練習していて、ちょうどこの演技が当てはまるなと考えたり・・・。気付いたらぐるぐると回りながらビデオを撮っていました。

――数ある動画サイトのなかで、ニコニコ動画に投稿しようと思ったのはなぜですか?

 2007年くらいからどっぷりと、いわゆる"ニコ厨"(ヘビーユーザー)だったので自然と・・・。あと、YouTubeにも同時投稿をしています。生真面目でアクの弱い本芸はYouTubeに。ニコニコ動画独自の文化に親しみのある人にしかわからないネタが入っている動画はニコニコに、と分けていますね。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング