「アントニオ猪木酒場が好きだった」 戦友が明かした「闘うジャーナリスト」日隅一雄さんの意外な素顔

ニコニコニュース / 2012年7月23日 17時53分

「日隅一雄さんを偲ぶ会」でお別れの言葉を述べるジャーナリスト・木野龍逸さん

 東日本大震災にともなう福島第一原発事故で東京電力を追及し続けた、ジャーナリストで弁護士の故・日隅一雄さん(享年49歳)を偲ぶ会が2012年7月22日、都内で行われ、生前親交のあったジャーナリストや読者ら約500人が参加した。日隅さんとともに東電の会見に参加し、『検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか』を共著したジャーナリストの木野龍逸さんは、「お別れの言葉」として、日隅さんとの思い出話を披露。「戦友」である木野さんから、日隅さんのユーモラスな性格がにじみ出るエピソードが明かされると、会場からは時おり笑いがこぼれ、中継をしていたニコニコ生放送の視聴者からも「www」のコメントが寄せられた。

・[ニコニコ生放送]木野龍逸さんの「お別れの言葉」から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv99950447?po=newsinfoseek&ref=news#38:01

 以下、木野さんの「お別れの言葉」を全文書き起こして紹介する。

■新聞記者にも関わらず、なぜか「ゴーストツアー」に思い入れ

 最初に一言、「今までありがとうございました」と言いたいと思います。とは言え、いつも笑うのが好きだった日隅さんのことを思うと、僕はここであまりしんみりした話もしにくいので、日隅さんへの贈る話というか、先に死んでしまうと後から何を言われるかわからないぞということを含めて、昔の話をちょっと紹介させていただければと思います。

 日隅さんに初めて会ったのは、二十数年前のオーストラリア・シドニーでやっておりました「日豪プレス」というフリーペーパーだったのですけれども、実はこの間、その当時の編集部の仲間から(日隅さんの)印象を二十数年ぶりに聞いたら、「産経新聞から来たわりには、なんでこの人は左寄りなのだろう」というのが第一印象だったようです。

 私自身は実家で産経新聞をとっていたので、「こういう人もいるのだろう」と思っていたのですけれども、一方で、なんかこう「新聞記者というのはみんなこういう人なのかな、どうも妙にミーハーだな」と思っていたのが実感でした。

 ひとつは、フリーペーパーなので、基本的にはタイアップの記事が多い新聞だったのですけれども、日隅さんは入ってきてすぐに「何か面白いことやりたいね」という話をして。新聞記者が面白いことと言うのであれば、ジャーナリズムとかかっこいいことやるのかなと思ったら、近くに第二次大戦中の検疫所があるのですが、「そこでゴーストツアーをやっているので見に行こうよ」というのが日隅さんの提案でした。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング