「デモでもいいし、デモじゃなくてもいい」 リサイクルショップ「素人の乱」店長、松本哉さん<「どうする?原発」インタビュー第8回>

ニコニコニュース / 2012年9月3日 13時0分

東京・高円寺のリサイクルショップ「素人の乱5号店」店長、松本哉さん

 毎週金曜日、東京・永田町にある首相官邸の前で行われている「原発やめろ」「再稼働反対」と訴えるデモ。当初は300人程度ほどの規模だったが、徐々に人数が増え、今や数万人が参加する盛り上がりを見せている。このムーブメントのきっかけの一つとなった出来事がある。福島第一原発の事故から1ヶ月が経った2011年4月10日、東京・高円寺で行われた脱原発デモだ。

 「高円寺でデモが行われる」という情報は、チラシやポスターで地域に広がり、さらにツイッターによって拡散され、およそ1万5千人が集まった。このデモの仕掛け人は、高円寺でリサイクルショップ「素人の乱」を営む松本哉(はじめ)さん。福島第一原発の事故以降、脱原発の大規模なデモを6回ほど企画し、実行してきた。高円寺のデモや官邸前でのデモについて聞きに、若者向けの雑貨屋や居酒屋などが立ち並ぶ町を訪ねた。

・特集「どうする?原発」
http://ch.nicovideo.jp/channel/genpatsu

■"頭に来ることがあったらデモをやる"

 「デモはゲリラ的に勢いでやる」。1974年生まれの松本さんが、デモという発想を得たのは、大学時代だそうだ。松本さんが通っていた都内の私大では、そのころまだ、ヘルメットを被った活動家が構内を闊歩していたという。松本さん自身も、校舎が建て替わり、学生の居場所なくなっていく時代の雰囲気に疎外感を覚えていたが、「学生運動には共感するものの、あまりセンスは合わなかった」

 一方で、松本さんは、デモという形態については評価していた。そのため、大学のキャンパス再開発や授業料値上げに反対するために、大学内にコタツを置き、肉を焼いて、酒を配るという突発的な抗議活動を何度か行うようになる。そのうち、そういった形のデモにハマり、放置自転車撤去に反対する「俺の自転車を返せ」デモなど、「何か頭に来たことがあったら」、デモをやるようになっていった。

 高円寺の脱原発デモのきっかけは、やはり昨年3月11日に起きた福島第一原発の事故。「理屈抜きにして、取り返しのつかないことになっている・・・。本当に頭にきた」。しかし、津波の被害を受けた被災地の状況を考えると、デモを行うかどうか、松本さんは悩んだ。やがて事故から2~3週間ほど経つと、テレビでもバラエティ番組が放送され、"日常"が戻ってくる。「結局、なし崩し的に元に戻るんじゃないか」。松本さんはデモの実施を決意した。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング