「予想できない展開に持っていくことです」 謎のロボットを発明する大学生・回路師に話を聞いてみた<うp主インタビュー第4回>

ニコニコニュース / 2012年9月3日 16時0分

スイッチを入れると即座にOFFにする全自動引きこもり機1stエディション。

 「頭のいいバカ」 ――愛情をこめて、たびたびそんなタグがつけられる"うp主"がいる。「回路師(かいろし)」もその一人だ。「スイッチを入れるとそのスイッチをオフにするだけのロボット」や、「パソコンに打ち込んだ文字を手書きに変換する大掛かりなロボット」など、効率度外視で、思わず吹き出してしまうような、奇妙な発明を続けている。2011年の動画アワードで「NHK『特ダネ!投稿DO画』賞」を受賞した動画『全自動引きこもり機2nd Editionを紹介します』では、表情豊かに動き回るロボットに「かわいいw」「荒ぶるなww」といった数多くのコメントが寄せられていた。

 うp主「回路師」は、そんな風に今ある技術を使いながらも、だれもが新鮮に感じられる遊び心あふれる装置たちをいくつも発表してきた。彼は一体、どんな人なのだろうか?

■ 「閉鎖性とコミュニティ性の強さがニコニコ動画の魅力」

――最近、回路師さんは「日経エンターテインメント」や「大人の科学マガジン」などの媒体にも、作品を取り上げられていますが、こんな風に注目された経緯をお聞かせください。

 いきなり取材のメールをいただいたときには、驚きました(笑)。以前から「Yahoo!ニュース」のトピックスや「ギズモードジャパン」などに動画を紹介していただいていたので、それを見て連絡してくださったのかもしれません。自分がつくったものがそういった形で取り上げられて、感動しました。これからも機会を作ってどんどん発信していきたいです。

――そもそも動画制作を始めたきっかけは何だったのですか?

 初めて動画をつくったのは、2006年くらいです。まだニコニコ動画をよく知らない時期でした。学校で、友人がパソコンを使って、絵と音楽を組み合わせて映像にしているのを見て、「自分たちの持っているようなパソコンでも、こんなことができるんだ!」と驚いたのがきっかけでした。

――数ある動画サイトの中で、ニコニコ動画に投稿しようと思ったのはなぜですか?

 コメントが画面に流れることで、どのタイミングで動画に反応があるのかがハッキリわかるのが面白いと感じたからです。ただし、最初に投稿したときには批判的なコメントを見てしまい、ちょっと悲しい気持ちになりましたが(笑)。でも、割合としては、ポジティブなコメントが多いですからね。
 
 それに個人的な感想ですが、ニコニコ動画ってわりと閉鎖性があって、同時にコミュニティ性も非常に強いと思うんです。一部の人たちだけでワイワイしているような雰囲気も、僕としては楽しかったです。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング