「本当にいい選挙をさせてもらった」 自民・石破氏、総裁選を振り返る

ニコニコニュース / 2012年9月28日 19時15分

自民党の石破茂氏

 今後の政界再編をにらみ、注目を集めた自民党の総裁選。2012年9月26日に投開票が行われ、安倍晋三・元首相が野党第一党の新リーダー選ばれた。1回目の投票で地方票を多数獲得してトップとなったのは石破茂・元防衛相だったが、上位2人による決選投票の末破れた。石破氏は同日夜、「niconico」のチャンネル生放送の番組に出演し、その心境について語った。

 視聴者から「お疲れさまでした」と、あたたかいコメントで迎えられた石破氏。「なかなかこういう体験は誰でもできるわけではない。本当にいい選挙をさせてもらった」と総裁選を振り返った。さらに、「地方の党員さんの過半数をいただいたことは、私にとってこんなにうれしいことはない。自民党はそういう方々に支えていただいて今日がある。もっと頑張ります」と晴れがましい顔で話した。

 党員票の多くを獲得することは、"来るべき総選挙の顔"として、石破氏を押す声が多かったことを示す。番組で「(大臣や党役員などのかたちで)安倍新総裁に協力するのか」と問われると、石破氏は「閣僚になってくれと言われた時、党役員になってくれと言われた時、お断りしたことはない」と答えた。

 また、「本当に不謹慎な言い方かもしれないが、最初に防衛庁長官になった時、『わーい』『私も大臣になれたんだ』と、うれしかった」と回想。その上で、

「組織に生きる人間は、『この役なら気に入る、この役なら気に入らない』みたいなことは言ってはいけないのではないか。不遇なとき、あるいは自分の意にそぐわない時、逃げてはいけないんじゃないか。人のために一生懸命やらないと誰も自分のために一生懸命やってくれない。私はこれまで一生懸命やってきた。自分を必要としてくれる人がいる以上は、それに全身全霊でお応えする」

と柔らかくも力強く述べた。石破氏は総裁選から一夜明けた27日、幹事長就任を要請され、この発言の通り受諾した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 石破氏、総裁選を振り返るから視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv109459010?po=newsinfoseek&ref=news

(山下真史)



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング