なぜテレビでニコニコ生放送? 開発者に話を聞いてみた

ニコニコニュース / 2013年3月29日 20時18分

ニコニコニュース

 テレビ向けニコニコアプリ「niconico」は、2013年3月21日、パナソニックのテレビ「ビエラ」とレコーダー「ディーガ」で、従来のニコニコ動画に加えて、ニコニコ生放送の視聴も可能にするアップデートを行った。パソコン、スマホ、携帯ゲーム機と様々なインターフェイスで視聴できるようになりつつある、ニコニコ生放送。なぜ、いまテレビへの対応を進めているのだろうか。このサービスの開発者である株式会社キテラスの栗栖 到(くりす いたる)氏に話を聞いてみた。

・[ニコニコニュース]ビエラ・コネクト版『niconico』リリース時の記事はこちら
http://news.nicovideo.jp/watch/nw400347

「帰宅して、とりあえずテレビをつける。そうした30〜40代の人たちをターゲットに、このサービスを開発しました」と、キテラスの栗栖氏は語りはじめた。このサービスはニコニコをあまり使ったことのない人に向けて、とっかかりとして機能すればという思いがあるという。

 リビングのソファに横になり、チャンネルを変えて番組を探す。型通りのバラエティも飽きたし、クイズ番組も退屈だ。そんなときに、「ニコニコ生放送はTVの前にいる人に新しい刺激を与えてくれる」という。何しろ編集がないのでライブ感はありありと伝わるし、コメントが入ることで、まるで友達と一緒になって見ているような一体感も加わる。「次になにが起こるかわからない」というハラハラ感とともに、画面をみんなで見守るというのも、生放送ならではの醍醐味だ。

 では、実際にはどのような操作で生放送を見るのだろうか。栗栖氏自らがリモコンを手に解説してくれた。さっそく以下の動画を見てみよう。

・[ニコニコ動画]キテラス社員が動画で解説してみた~ビエラ向けniconico編
http://www.nicovideo.jp/watch/1364552517

■ 開発者の栗栖 到氏に聞いてみた

――このサービスの楽しみ方は?

「何か別のことをしながら、視線の端で追うことができる――そんなテレビの楽しみかたの1つである"ながら見"に、ニコニコ生放送はぴったりだと思いました。また、将棋や野球といった、時間帯で盛り上がりに変化のある中継放送などでは、動きがないタイミングでもコメントで映像に面白さが増しますので、従来のテレビ観戦とはまた違った楽しさがあります」

――ニコニコ生放送におけるテレビ独自のサービスはなんですか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング