ネット党首討論会(2013年6月28日)全文書き起こし(3/4) テーマ「外交政策」

ニコニコニュース / 2013年6月29日 0時54分

ニコニコニュース

 参議院議員選挙(2013年7月4日公示・21日投開票)に先駆けた6月28日夜、東京・六本木のニコファーレで主要政党の代表者が集まった「ネット党首討論会」が開催された。

 登壇者は以下の通り(※国会の議席数順)。

自由民主党 安倍晋三 総裁
民主党 海江田万里 代表
日本維新の会 橋下徹 代表(欠席)
公明党 山口那津男 代表
みんなの党 渡辺喜美 代表
生活の党 小沢一郎 代表
日本共産党 志位和夫 委員長
社会民主党 福島みずほ 党首
みどりの風 谷岡郁子 代表

 このニュースでは本討論会の内容のうち、「外交政策」をテーマとした討論を全文書き起こして紹介する。(発言者敬称略)

・ネット党首討論会(2013年6月28日)全文書き起こし(2/4)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw671071

・[ニコニコ生放送]ネット党首討論会・「外交政策」から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv142315925?po=newsinfoseek&ref=news#0:37:23

角谷:では続いてはですね、こちらのテーマでいこうと思います。

角谷:外交もですね、様々な問題を抱えています。周辺国との関係、それから日米関係もあるかもしれません。それ以外にも、歴史認識の問題も一つの大きなテーマになってるかもしれません。この問題について、この討論の皮切りの質問はこちらからいこうと思います。

「日本とアメリカはどのような関係にあるのがベストだと考えますか?今のバランスだと、あまりに日本がアメリカのいいなりのように感じます。対等な関係性を築くためには、何が必要でしょうか?
(男性 青森県 30代)」

角谷:青森の30代の男性からいただきました。これも、安倍さんから行きましょう。

■自民党・社会民主党による「外交政策」についての主張

自民党・安倍:「対等な関係になる」、これはまさに日本の戦後の歴史と言ってもいいんだろうと思いますね。かつて1952年に、旧安保条約がありました。これはきわめて片務的な条約でしたね。米国は日本に対する防衛義務が無いにも関わらず、日本にはちゃんと軍隊を置いて、それをアメリカの意思で動かすことができると、こういうことになっていました。

 これを60年安保で、アメリカに対して、いわば日本防衛義務を負わせた。しかし一方、極東の平和と安全のために、日本の基地を米国は使うことができると。これで、だいたい対等になりました。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング