1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. ネットトレンド

新500円の“裏面”をダンボールで作ってみた! 会見用の“レプリカ”を再現したサイズ感で「石器時代かよ」「違うそうじゃない」の声

ニコニコニュース / 2021年11月2日 11時45分

 今回紹介したいのは、うぷあざ棟梁✂ダンボール建築の人さんが投稿した『【でけぇ】ダンボールで新しい500円玉を作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

11月から新しい500円玉が発行されるということで、作ってみました。 でけぇと噂の新500円、早く見てみたいですね。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 投稿者のうぷあざ棟梁さんが11月1日より流通を開始する「新500円硬貨」をダンボールで作りました。ただし10月29日の動画投稿時点では実物を見たことがないため、会見に登場したサイズ感での再現です。

 ということで、絶対財布に入らないサイズで作り始めたうぷあざ棟梁さん。

 「バイカラー・クラッド」という偽造防止技術による金属部の色の違いは、中央部のダンボールの薄皮を1枚剥がして表現することにしました。

 そしてパワーアップした潜像も再現。上からと下からで、見た時に浮かび上がる文字が異なるように仕上げています。ダンボールに「JAPAN」と「500YEN」が浮かぶと、視聴者から「すごい」「何故こんな事が出来るんだw」「なんで再現できてんだよ」などの声が上がりました。

 外周部付近の凸部は、ダンボールの皮を打ち抜いたものを1枚1枚貼り付けます。

 外周の世界初の技術という「異形斜めギザ」の意匠は、一部の形状が異なるところもしっかりと再現しました。

 各所に工夫を凝らし、ダンボールの新500円硬貨が完成!

 ただし制作したのは裏面のみ。とてもリアルではありますが、大きさといい通貨偽造には該当しそうにありませんね。

 新500円硬貨の特徴を、素晴らしいダンボール加工技術で表現したうぷあざ棟梁さん。裏面だけではありますが、「新硬貨の勉強にもなった」「きれい」「すごぉ」と沢山の驚きや称賛のコメントが集まっています。ぜひ動画で詳細をご覧ください。

視聴者のコメント

・すごいディテール
・作るのそっちかい!
・石器時代かよ
・違うそうじゃないw
・何故こんな事が出来るんだw
・ゴーフルじゃん
・これは硬貨か紙幣か?

▼動画はこちらから視聴できます▼

【でけぇ】ダンボールで新しい500円玉を作ってみた

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

藁に包まれた納豆を“ダンボールで”作ってみた! 豆の質感や形を見事に再現し「良い!」「水戸市に寄贈はよ」の声

500円硬貨が神々しく変身? 神鏡用の雲形台を“500円玉サイズ”で作ってみた!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください